ケベックでのダイビング

ケベック州は、主にカナダの東海岸にあるフランス語圏の州で、2つの主要都市があります。ケベック・シティ(Quebec City)とモントリオール(Montreal)である。ケベック州は、北と西にハドソン湾、東にセントローレンス湾、そしてその中央を流れるセントローレンス川に囲まれています。特にセントローレンス川は何世紀にもわたって海運の通り道として使われてきた場所で、歴史的な難破船が多く、その中には1700年代まで遡るものもあります。歴史的な川やケベック州に点在する何千もの淡水湖を探索した後は、レ・イル・ド・ラ・マドレーヌ(les Îles-de-la-Madeleine)やイル・ボナベンチュール(Ile Bonaventure)の海洋保護区などの人気ダイビングスポットで、美しい水中の断崖、興味深い景観、塩水域の豊かな海洋生物を楽しむことができますが、これらの地域の水は、ダイビングする場所や時期によって摂氏10~20度(華氏48~68度)の間で変動することがありますので、ウェットスーツかドライスーツを持参してください。ケベックにはケベックシティとモントリオールの2つの国際空港があり、モントリオールはその中でも最も大きな空港で、毎日世界中への直行便が就航しています。

ケベックで訪れるべきダイビングサイト

ケベックのおすすめスポット

ケベックの野生動物との出会い

ケベック州の水中で見られる野生生物は、ダイビングと同様に多様です。セントローレンス川では、ゼブラガイを豊富に見ることができます。これは外来種かもしれませんが、水が信じられないほど澄んでいるのはこのためです。かつてはニシン、チョウザメ、サケがこの水を支配していましたが、乱獲され、今では特別な出会いの場となっています。一般的に見られる魚には、ウォールアイ、スモールマウスバス、ラージマウスバス、マスキー、ノーザンパイク、コイ、パンフィッシュなどがあります。より寒いハドソン湾でのダイビングでは、タラ、オヒョウ、サケ、ホッキョクダイなどの一般的な魚だけでなく、オルカ(シャチ)、セイウチ、イルカ、リンギングアザラシ、ホッキョククジラ、イッカクジラ、ベルーガクジラなどのエキサイティングな海洋哺乳類も見ることができます。