ポンペイでのダイビング

ミクロネシア連邦の中で最も広く、最も高い島である州と本島の両方がポンペイの名前を取っています。この島には首都のパリキルもあります。島々の美しさはもちろんのこと、人里離れた場所にあるため、手つかずの自然のままのダイビングには最適な環境となっています。ポンペイはまさに自然愛好家の楽園です。これらの島々は青々とした熱帯雨林に覆われており、地域全体が最も雨の多い場所の一つとなっています。ポンペイは、古代文化の保存に誇りを持つ地元の人々が住んでいるため、文化に満ちた、ゆっくりと静かな休暇を過ごすのに最適な場所です。この地域のダイビングのほとんどはポンペイ本島周辺で行われています。この地域は、信じられないほど健全なサンゴ礁の生態系を誇り、9つの海洋保護区に指定されています。ダイビングはこの地域では人気のあるアクティビティではないので、選ぶことができるのはほんの一握りのダイブオペレーターだけなので、覚悟しておきましょう。驚くほどのドロップオフ、たくさんの通路、水路、スイムスルー、目に見えないほど遠くに広がるサンゴ礁の庭園など、さまざまな場所を探索することができます。

ポンペイで訪れるべきダイビングスポット

ポンペイのおすすめスポット

アリ環礁とパキン環礁

外側の環礁であるアリ環礁とパキン環礁には、ポンペイでも有数のダイビングスポットがあります。

詳しくはこちら

ムンド峠

毎日のように雄大な常駐マンタを見たい方は、ポンペイの北側にあるムワンド峠へ向かいましょう。

詳しくはこちら

ポンペイの野生動物との出会い

ポンペイの海洋生物は、ミクロネシア連邦の他の地域と同様に豊かで多様性に富んでいます。健全なサンゴ礁、カラフルな海綿、ハードコーラルやソフトコーラルなど、水中には目を見張るような景観が広がっています。また、ハタタテハゼ、群れをなすバンプヘッドパロットフィッシュ、ハタタテハタ、カクレクマノミ、エビ、ピグミータツノオトシゴなど、何百種類もの魚種を見ることができます。リーフをクルーズすれば、アオウミガメやワシエイも見ることができます。グレイリーフシャークやマンタは一年中見られますが、特に水路やクリーニングステーションの近くでは、彼らが好んで集まる場所です。