北部でのダイビング

聳え立つディナリックアルプスの入り口に位置するクヴァルナー湾は、別名クヴァルナー湾とも呼ばれ、イストリア半島とクロアチアの北部沿岸本土の間に位置するアドリア海北部の湾です。湾はクロアチア北部の内海の一部で、岩壁や掃き寄せられたビーチ、ターコイズブルーの結晶のような水がドラマチックに美しく、人気の休日のホットスポットとなっています。 アドリア海で最も美しい湾の一つとして知られており、一年中ダイビングが可能で、その暖かく澄んだ海は、東ヨーロッパの風景の中で最高のダイビングスポットの一つをダイバーに提供しています。 イストリアはアドリア海最大の半島で、トリエステ湾とクヴァルナー湾の間に位置し、アドリア海の上半分に位置しています。そこには、Cres、Krk、Pag、Rab、Lošinjの島々と、Cres、Krk、Rab、Pagの間に挟まれたKvarnerić(「小さなKvarner」の意味)と呼ばれる部分、そしてKrkとRabの東側にあるSenj海峡と呼ばれる部分があります。 クヴァルナーの険しい海岸線と透き通った海は、驚くべきウォールダイブやゴツゴツした岩礁で有名な水中世界を生み出し、その多くは色とりどりのゴルゴニアで覆われています。 海面下100m以上の深さを誇る特筆すべき湾。

北部で訪問するダイビングサイト

北部のおすすめスポット

北部の野生動物との出会い

生き生きとした海洋生物、沈没した船、水中植物など、クヴァルナー湾はあらゆる興味を持つダイバーにとっての宝物です。 デンテックスやドラド、ジョン・ドリーのように他の魚を追いかけるマグロの大群が、湾の水域に飛び込んだり、飛び出したりしているのを目撃することも珍しくありません。 浅い海では、岩礁の周りや、見事なゴルゴニアンの原っぱの間では、アカホシカクレエビ、ロブスター、タコ、カニ、タツノオトシゴなどを見ることができます。 島々に点在する難破船は、あらゆるレベルのダイバーが楽しめるものです。これらの難破船には、穴子、ヒラメ、マグロの群れなど、多くの海の生き物が生息しています。