マプトでのダイビング

モザンビークの最南端に位置するマプト県は、忘れられない場所です。浅いリーフダイビングやイルカやカメとの出会いに最適なポンタ・ド・オウロ、カラフルな魚やサンゴ礁に出会えるポンタ・マロンガネ、息を呑むような絶景のポンタ・マモリなど、人気のダイビングスポットを探索してみましょう。他にも、インハカ島、ペンバ島、ナカラ湾などがありますが、どれも簡単に行くことができます。小さなタツノオトシゴから最大のクジラまで、豊富なサンゴと広大な魚類が生息する世界クラスのダイビング体験を楽しむことができます。この地域への旅行に最適な時期は10月から3月で、ジンベイザメ、イルカ、マンタとの遭遇を目の当たりにすることができます。マプト州は、静かで手つかずのビーチがあり、国内でも最も混雑していない地域の一つとして有名です。あなたは、初心者からより技術的なものまで、すべてのレベルのダイバーに適した約30の異なるダイビングサイトを見つけることができます。また、冬でも平均25ºC(77ºF)と一年中暖かい水温を期待することができます。この歴史のある県には、シュノーケリングができる浅い場所や、水深40メートル(131フィート)までのエリアがあります。

マプトで訪れるべきダイビングスポット

マプトのおすすめスポット

ゴールドポイント

ポンタ・ド・オウロは、観光客やダイバーの間でトップ10に入る観光地の一つと考えられています。

詳しくはこちら

マロンガネポイント

ポンタ・マロンガネでは、ダイバーの楽園とアフリカで好まれるダイビングスポットの一つを見つけることができます。

詳しくはこちら

マモリポイント

鮮やかな色のサンゴ礁が広がるポンタ・マモリでは、ダイバーの目を奪うような光景を目にすることができます。

詳しくはこちら

マプトの野生動物との出会い

この地域の多種多様な海洋生物には、クジラ、エイ、サメ、タコ、イルカ、ウナギ、ウミガメ、ハンマーヘッドシャーク、ダスキーシャーク、アカイソギンチャクなどの種や、コウモリ、チョウチョウチョウウオ、ライオンフィッシュ、カサゴ、ゲームフィッシュ、フグ、カエルウオ、ロックタラ、トリガーフィッシュなどの魚類が含まれています。また、ソフトコーラルやハードコーラル、スポンジなど、様々な種類のサンゴを見つけることができます。マプト州の水中世界は、その豊かな水中地形、カラフルなサンゴ礁、10メートル(29フィート)から46メートル(150フィート)の深さまでの深い洞窟であなたを驚かせるでしょう。この地域の暖かい水は、いつ訪問してもあなたのダイビングに最適です。