モルディブでのダイビング

モルディブを構成する環礁の面積は約298km2ですが、約9万km2に広がっています。英語の「atoll(環礁)」はモルディブ語の「atholhu(アトル)」が語源となっているほど有名です。また、モルディブは世界で最も標高が低い国で、高温多湿な気候が特徴です。

インド洋のインド南西沖に位置する島国であるモルディブは、26の環状の岩礁で構成されています。この26の環礁は巨大な海中山脈の上に位置し、1,100以上のサンゴ礁の島や砂州で構成されています。また、モルディブは透き通った暖かい海、青いラグーン、広大なサンゴ礁、白い砂浜、そして地球上でも類を見ないほど多様な海洋生物が生息しています。これらの理由から、モルディブは世界で最も人気のあるダイビングスポットのひとつとなっています。

モルディブの実情

C, D, G, J, K, L

電源プラグの種類

MLE

空港

MVR

通貨

en

言語

230 V / 50 Hz

電気

UTC+05:00

タイムゾーン

Ooredo/Wataniya

ネットワークプロバイダー

モルディブの野生動物との出会い

モルディブのおすすめスポット

北部環礁のベストダイビングスポットは、ハア・アリフ環礁、ハア・ダアル環礁、シャヴィヤニ環礁、ヌーヌ環礁、ラー環礁、ラヴィヤニ環礁などです。

詳しくはこちら

中央環礁

中央環礁はモルディブの中でも最もよく知られた人口の多い地域です。

詳しくはこちら

南部環礁地域は、ラアム環礁、北部と南部のフバドゥ環礁、フバムラ環礁、アドゥ環礁で構成されています。

詳しくはこちら

モルディブで訪れるべきダイビングポイント