チュークでのダイビング

チュークの浅く広大で美しいターコイズブルーのラグーンは、沈船ダイビングで世界で最も有名な場所です。深い海底には、第二次世界大戦中に沈没した日本の艦隊やその他多くの難破船を見ることができます。これらの海には多くの歴史があり、ラグーンは水中博物館に指定されています。テクニカルダイバーが喜ぶスリル満点の深海難破船や、初心者ダイバーが楽しめる浅瀬の難破船など、あらゆるレベルのダイバーに最適な場所をチュークで見つけることができます。自由時間には、ハイキングやドライブがてら、最も美しい見晴らしの良い場所のいくつかに登って、畏敬の念を抱かせる日本の灯台や、古い滑走路、砲台、洞窟ネットワーク、司令部、第二次世界大戦中の病院や図書館などを訪れることができます。これらの遺跡を探索するには、知識豊富な現地ガイドを雇うのが一番です。また、可能な限り多くのダイビングスポットを探索し、水中時間を最大限に活用するためにも、ライブボードでラグーンを探索することをお勧めします。この地域のダイビングは一年中楽しめますが、チュークへのベストシーズンは12月から4月です。

チュークのダイビングスポット

チュークのおすすめスポット

チューク トゥルク ラグーン

チューク地方の主な見どころはチュークラグーンで、別名トゥルクラグーンとも呼ばれています。

詳しくはこちら

チュークの野生動物との出会い

世界中のダイバーが第二次世界大戦の難破船を見たいと思ってチュークにやってきます。船はカラフルなイソギンチャクやスポンジで覆われ、飛行機はハードコーラルとソフトコーラルの両方で覆われています。 ダイバーは、水中で彼らを迎える海洋生物の鮮やかな多様性に喜んで驚くことでしょう。ブレニウス、カクレクマノミ、ウナギ、リスフィッシュ、エビ、ウミウシなど、700種以上の生物を見ることができます。外洋のサンゴ礁で見られるこの驚くべき生物多様性には、ホワイトチップ、ブラックチップ、グレーリーフシャーク、マグロ、バラクーダ、トレバリーなどの遠洋魚が含まれています。