セントラルルソンでのダイビング

ルソン島には、アニラオ、プエルトガレラ、スービック湾など世界的に有名なダイビングスポットがたくさんあります。 各ダイビングスポットは定期的な交通機関で結ばれているので、各地域を移動するのも簡単です。マニラのすぐ南には、マックダイビングで有名なアニラオやバタンガスがあります。アニラオのリゾート地の中にあるほとんどのダイビングセンターでは、様々なオプションが用意されています。アポ・リーフとコロン・ベイは主に訪れるべき場所であり、プエルト・ガレラの有名なダイビングスポットへの出発地点でもあります。ヴェルデ島の通路周辺では、生物多様性が高く、カラフルな海洋生物が生息しており、美しい景色を楽しみたいスキューバダイバーには最適です。ミンドロ島のサバンとホワイトビーチは、すぐにアクセスできるリゾート地で、あらゆるレベルのダイバーが豊富なオプションを見つけることができます。数あるダイビングリゾートでのんびりすることから、地元のホテルやゲストハウスに泊まること、さらには広範囲の目標を追求することまで、様々な冒険を楽しむことができます。レックダイビング天国は、マニラから車ですぐのスービック湾に位置しています。

ルソン島中部のダイビングスポット

中央ルソンのおすすめスポット

スービック湾

マニラの北約120kmに位置するスービック湾には、世界で最も多くの歴史的な船や航空機、車両の難破船が発見されています。

詳しくはこちら

アニラオ

アニラオには約40のダイビングポイントがあり、最も有名なのはソンブレロ島、マリカバン島、カテドラル、マパティンです。

詳しくはこちら

中央ルソンの野生動物との出会い

中央ルソンの海洋生物は多様で、ユニークな生物や珍しいマクロな海洋生物が豊富に生息しています。あなたが見つけることができる海の種のいくつかは、カエルウオ、ゴーストパイプフィッシュ、タツノオトシゴ、ド派手なイカ、小さなイカです。また、ボビットワーム、ヘアリーフロッグフィッシュ、ワンダーパス、ミミック、アオウミダコなども見かけることがあるでしょう。ウミウシやその他のマクロ生物もプエルトガレラには豊富で、遠洋魚、ホワイトチップ、ブラックチップリーフシャークなどもいます。この地域は、第二次世界大戦の難破船や飛行機の難破船、さらには1898年までさかのぼるスペイン・アメリカの軍艦など、スービック湾周辺を探索できる難破船が多いことでも有名です。