ビキニ環礁でのダイビング

マーシャル諸島で一番の沈船ダイビングの目的地はビキニ環礁で、隣のチュークラグーンに次ぐ世界で一番の沈船ダイビングの場所だと考える人もいます。ビキニ島はラリックチェーンの北部に位置し、1940年代から1950年代にかけてアメリカが核実験を行った場所であり、第二次世界大戦中の船が標的となった墓場となっていました。実際の空母、USSサラトガ、USSアポゴン潜水艦、多数の駆逐艦や巡洋艦などを探検しながら、ダイバーは興奮することでしょう。数多くの難破船を見つけることができますが、数十年間漁業活動が行われていないため、ラグーンには通常よりも多くの海洋生物が生息しています。印象的なサメに出会えるように準備をしておきましょう。

ビキニ環礁で訪れるべきダイビングスポット

ビキニ環礁での野生動物との出会い