バンコクでのダイビング

活気に満ちたタイの首都は海岸にはありませんが、バンコクからスキューバダイビングの遠足を楽しむことができます。ビーチリゾートのパタヤは湾のすぐ近くにあり、ボートトリップでは素晴らしい難破船のダイブや島々を楽しむことができます。パタヤは、第二次世界大戦後にタイ海軍に寄贈された古いアメリカの軍艦が、まばゆいばかりの人工サンゴ礁を作るために沈没したことで有名になりました。また、ナースシャークやブラックチップシャークが群がり、ブルースポッティドエイが飛び交う美しい色とりどりのサンゴ礁もあります。ここでは、条件にもよりますが、年間を通して30mの透明度でダイビングを楽しむことができますが、ダイビングに最適な時期は10月から4月の間です。 パタヤ周辺の島々は、ニアアイランド、ファーアイランド、サマエサンアイランドとして知られており、それぞれに難破船があり、上級ダイバーは難破船の船内を詳細に探索したり、海洋生物を楽しんだりすることができます。しかし、これらの島々には難破船だけではありません。色とりどりのサンゴが様々な魚やサメの完璧な生息地を作り出しており、ダイビングトリップは魅惑的な驚きに満ちたものになることをお約束します。

バンコクで訪れるべきダイビングスポット

バンコクのおすすめスポット

バンコクの野生動物との出会い

カニからライオンフィッシュ、ジャイアントパファーからアカエイまで、パタヤとその周辺の島々の素晴らしい難破船を見ることができます。これらの人工サンゴ礁は、船の間を飛び回るスウィートリップやアカエイなどの素晴らしい海洋生物を引き寄せています。カメやジンベエザメもこの海域に集まり、運が良ければイルカも見られるかもしれません。サンゴ礁には、カラフルなパロットフィッシュやエンジェルフィッシュのほか、ニシキベラや印象的なイエローやブルーのダムゼルフィッシュも生息しています。繊細なタツノオトシゴやムチのあるサンゴエビなど、マクロな海洋生物にも目を向けてみてください。