このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

Pecio San Andrés (Wreck)

サンアンドレス号は19世紀半ばの蒸気船の沈没船です。甲板の一部と、動力源であるブレードの側面にある2つのブッシュが見える。船には無数の穴があり、そこには生命が溢れています。ここでは、ハタやアナゴを簡単に見ることができます。

詳しくはこちら

Punta Marroquí de Levante

地中海タリファ地区最南端のダイビングポイント。レバンテ側、ハトの島のプンタ・マロキ(Punta Marroquí)のすぐ前にあります。ロープから水深16mまで潜降。水底には小さな難破船の鉄の跡があるので、注意が必要です。

詳しくはこちら

La Pared

水深5mから18mのウォールダイブ。San AndresブイとLas Piscinasブイの間に位置する。両方向に移動可能で、上部にあるプラットフォームで移動可能。

詳しくはこちら

La Piscina

タリファ島の東側にあるまともなブイのあるダイビングポイント。 アンカレッジの水深は15メートル。ドリフトダイビングの可能性がある。15メートルから9メートルの間に壁のエリアを見ることができる可能性がある。

詳しくはこちら

Pepe’s Point

このダイブサイトでは、基準ブイなしで潜降する。入り口は、大西洋と地中海のちょうど接点、6~8メートルの間に位置する島のプラットフォームの崖の端にある。崖は22メートルまで下り、そこから40~50メートルまで下る。

詳しくはこちら

Playa - La Garita

タリファ島の地中海沿岸で、あらゆるレベルのダイバーに向けたダイビングです。アクセスは、ビーチまたはボートで可能です。水深は、0から12mまでです。

詳しくはこちら

Las Calderas (Wreck)

20世紀初頭の沈没船。船の残骸から見える3つのボイラーにちなんで「ラス・カルデラス」と呼ばれている。船の残骸は広範囲に散らばっている。

詳しくはこちら

Punta Marroquí de Poniente

タリファのSWエリアでのダイビング。潜降はストレートの自然公園のブイによって行われます。水深16~30m。

詳しくはこちら

Vuelta a la Isla

dpvスクーターで島を一周するダイビングです。大西洋から地中海まで、あるいはその逆も、環境条件によって可能です。島周辺の海域に生息する様々な魚を見ることができます。

詳しくはこちら

Puerto Fenicio

タリファ島の大西洋側で、ビーチやボートからアクセスできる、すべてのダイビングレベルに対応したダイビングです。水深はO~12mです。

詳しくはこちら