このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

Rannalhi House Reef

砂地の緩やかなスロープから始まり、最大水深17mのかなり広いリーフへと進んでいく、あらゆるダイバーにとって非常に良いダイブサイトです。稚魚の保育園でもあるので、エサを求めてやってくるトレバリーもいます。

詳しくはこちら

Admiral 3

アドミラル3は、ランナルヒの北側、チャネル内のアウトサイドリーフにあります。7mから壁になっており、28mまでドロップオフが続く。チャンネルエントリーでは大きな魚が見られるチャンスがあります。

詳しくはこちら

Rannalhi Caves

ドロップオフはコーナーとアウトサイドのリーフにあり、5mから20mの小さなオーバーハングと大きなオーバーハングがたくさんあります。チャネルの内側にはウィップコーラルがあり、多くのイソギンチャクもいます。

詳しくはこちら

Aquarium

保護された湾内には、美しいサンゴ礁、白い砂地、あらゆるレベルのサンゴ構造がある。初心者から上級者まで、簡単にダイビングを楽しむのに最適だ。

詳しくはこちら

Admiral 1

一般的には西側に潜っている外側のリーフで、小さな石サンゴが多く見られます。北側のリーフと南側のリーフの間には小さなティラがあります。小さな水路を渡るのはかなりエキサイティングです。

詳しくはこちら

jumako thila

長いインサイドリーフには、さまざまなサンゴのブロックと砂地がある。テーブルサンゴやハードコーラルが多く、水深は2~24mと変化に富んでいる。

詳しくはこちら

Rannalhi Kuda Giri

西側に美しい珊瑚のブロックがある小さなギリ。このギリはイソギンチャクの畑と様々な種類のクマノミで覆われています。簡単なダイビング。

詳しくはこちら

Vale Giri

南側と東側に美しいソフトコーラルがたくさんある中型のギリ。様々な砂地にブロックやテーブルサンゴがある。スノーケラーにとっても理想的な場所だ。

詳しくはこちら

Appa Thila

アパ・ティラは環礁の内側にある大きなリーフです。リーフの西側は、ソフトコーラルがたくさん生えている美しいテラスになっています。60分でサイトの半分を泳ぐことができる。東側には小さなオーバーハングが見られる。フォトグラファーにはもってこいのダイビングサイト。

詳しくはこちら

ihi reef

水深20メートルまでは、外側のリーフの壁で簡単にダイビングができる。8~18メートルの美しいオーバーハングがある。水中写真に最適。トーチを強くお勧めする。

詳しくはこちら