このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

Hilma Hooker (Wreck) (43)

ヒルマ・フッカー号は、236フィートのオランダの貨物船で、麻薬の売人として使用されていたなど、様々な長い歴史を持っています。それは1984年にちょうど沖合に沈んで、今ではボネールで最も人気のある沈船ダイビングです。

詳しくはこちら

Alice in Wonderland (45)

他の人気のあるダイブサイトよりも混雑していませんが、ダブルリーフシステムを体験することができます。

詳しくはこちら

Bachelor Beach (38)

ボネールのもう一つの素晴らしいショアダイブは、ここで発見された海洋生物の多様性のために、特に写真家のために素晴らしいです。水中ではまず砂地の台地が出迎えてくれますが、その少し先からリーフが始まります。

詳しくはこちら

ボネール島の塩工場から塩を積み込むためのアクティブな桟橋。船が係留されておらず、メンテナンスが行われていない時のみ潜ることができます。

詳しくはこちら

Windsock (36)

空港のすぐ向かいに位置するウィンソックは、あらゆるレベルのダイバーに最適な、イージーエントリーのショアダイブスポットだ。浅い砂地の台地に続いて、海洋生物でいっぱいの健康なサンゴ礁の構造がある。

詳しくはこちら

Invisibles (51)

ダブルリーフが特徴の簡単にアクセスできるショアダイブ。最初のリーフは浅く、初心者やスノーケラーに最適です。2つ目のリーフは少し深く、長くて痩せた砂地で仕切られています。

詳しくはこちら

18th Palm

ボネール島の多くのショアダイブポイントは、硬い石灰岩のエントリーポイントがあるのとは異なり、18パームは簡単な砂浜のアクセスポイントで、ダイビングの最後には、ギアをすすぐための2つの淡水シャワーがあります。

詳しくはこちら

Divi flamingo

カラバス・リーフは、人気のディビ・フラミンゴ・ビーチ・リゾートのハウスリーフで、目の前にある。カメやハタ、タツノオトシゴがたくさんいる健康的なリーフシステムだ。

詳しくはこちら

White Slave

昔の奴隷小屋がここにあったことから名づけられた。2つ目の小屋の近くから入るのが一番簡単です。長い砂地を渡ると珊瑚礁のエリアに到着します。浅瀬でマダラトビエイを探しましょう。

詳しくはこちら

Yellow Submarine

イエローサブマリンの桟橋の横からエントリーし、まっすぐリーフに向かいます。リーフのトップは6mほど、ボトムは30mほどである。ボートの往来に注意。

詳しくはこちら