ヒメウミガメ (olive ridley sea turtle)

ウミガメの中で最も小さい種の一つであるオリーブリドリーは、その緑色の皮膚と甲羅の色からその名が付けられ、ケンプリドリーと密接に関係しています。ウミガメの中で最も多く生息している種で、主に太平洋とインド洋の暖かい熱帯海域に生息していますが、大西洋の一部にも生息しています。数は多いが世界的に分布が少ないため、その密度は高く、スキューバダイバーとして世界中の種と比較して、この優雅な泳ぎをするウミガメに出会える可能性が高くなっています。

彼らは孤独な動物で、外洋を好む。しかし、年に一度、アリバダと呼ばれる有名な大量の営巣の儀式のために、大規模なグループで集まってきます。この時期になると、何千匹ものメスガメが同じビーチに集まり、世界中の営巣地に産卵する姿を見ることができます。産卵が終わると、彼らは暖かい海に戻り、毎年数百~数千マイルの距離を移動しながら、隔離された生活を続けています。オリーブリドリーウミガメとのダイビングがバケットリストに載っている場合は、下記のダイビングサイトマップをチェックして、この美しい動物を見ることができる世界各地のベストエリアを探してみてください。