カスザメ (Angel Shark)

典型的な魚雷型のサメよりもエイを連想させるエンゼルシャークは、温帯から熱帯の水域に生息する23種類の底生生物で、平べったい形をしたサメのグループである。すべてのサメはカモフラージュが得意で、見つけるのが難しいこともあります。多くのサメは絶滅の危機に瀕しているため、この種のサメと一緒にスキューバダイビングをすることができればラッキーだと思ってください。パシフィックエンジェルシャークは南カリフォルニアのケルプ林でよく目撃されていますが、カナリア諸島沖には別の種が大量に生息しており、この地域は世界で最も遭遇しやすい地域の一つとなっています。

太平洋でも大西洋でも、これらの動物は簡単に近づくことができるので、カメラを持ってきてください。彼らは待ち伏せ捕食者か吸引食者で、どちらにしても一日に何時間も海底に横たわっています。実際、彼らは最も攻撃的ではなく、おとなしい種の一つです。これらの美しくユニークな動物をサメとの出会いのリストに加えたい場合は、以下の地図を見て、世界中のエンジェルシャークとダイビングするのに最適な場所を確認してください。