USS Kittiwake (Wreck)

キティウェイク号は、世界中とは言わないまでも、カリブ海で最も有名な難破船の一つで、セブンマイルビーチのすぐ沖合に位置しています。その浅い水深(65フィート以下)のため、スキューバダイバーだけでなく、フリーダイバーやシュノーケラーにも人気があります。

難破船とその周辺には、ナースシャークやリーフシャーク、可能性のあるイーグルエイ、カメ、そしてたくさんの魚が生息しています:スナッパー、エンジェルフィッシュ、グランツ、イソギンチャク、ハタなど。

レベル

レベル

  • アドバンス
  • 初心者
透明度

透明度

  • 27 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • スノーケリング
  • レックダイブ

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

Doc Poulson (Wreck)

ドク・プールソンは、グランドケイマン島の西部にある人工リーフとして意図的に沈んだ沈船です。この沈船は、ダイビングをするのに楽しい沈船であり、ナイトダイブにも最適です。

詳しくはこちら

Trinity Caves

トリニティケイブスは、グランドケイマンの西側で最も人気のあるダイビングスポットの一つです。メインのスイムスルーは70フィートの深さで、トンネルに沿って戻ってきてメインの壁に出てくることができます。洞窟とスイムスルーがいっぱいの超楽しいダイビングです。

詳しくはこちら

Eagles Nest

カラフルなスポンジとスタゴーンコーラルが絡み合って、斑点状のイーグルエイやたくさんのカメの背景を作り出しています。また、リーフの間に隠れているナースシャークも探してみてください。

詳しくはこちら

Turtle Farm Wall

島の北西の海岸沿いには、有名なケイマンタートルセンターのすぐ沖合にあるミニウォールがあり、その名の由来となっています。流れはほとんどなく、視界も良好で、簡単にエントリーできるショアダイブです。シュノーケリングやダイビングに最適です。

詳しくはこちら

Oro Verde (Wreck)

元々はアメリカ陸軍の輸送船であったオロベルデ号は、エクアドルとマイアミ間のバナナ輸送に10年間を費やしました。最終的には1976年に、グランドケイマンを取り囲むリーフ、セブンマイルビーチのすぐ近くで操業していました。

詳しくはこちら

Caribbean Club Sand Chute

徐々に砂地が減っていく砂のシュートは、砂地での採餌が大好きなエイやエイが見られる絶好のスポットです!また、シュノーケリングスポットとしてもおすすめです。また、シュノーケルにも最適なスポットです。

詳しくはこちら

Spanish Bay Reef

スパニッシュ・ベイ・リーフ・リゾートにちなんで名付けられたスパニッシュ・ベイ・リーフは、地元の人にも観光客にも大人気のショアダイブスポットです。人工の防波堤からわずか200フィートのところには、海岸線と平行に走るミニウォールがあります。干潮時には視界がかなり悪くなるので、満潮時のダイビングがベストです。

詳しくはこちら

Stingray City

スティングレイシティは、グランドケイマンで最も人気のある観光スポットの一つです。このサイトは、グランドケイマンのノースサウンドにあり、自然に生息するサザンエイがいます。このサイトは、観光客のグループをここに連れてくるシュノーケル業者のための道標となっています。

詳しくはこちら

Devil’s Grotto North

ジョージタウン沖に位置するデビルズグロットは、初心者から中級者のスノーケラーに人気のダイビングサイトです。デビルズグロットは、ターポン、パロットフィッシュ、バラクーダ、シルバーサイドの群れなどで埋め尽くされたスイムスルーとオープンチムニーを持つ巨大なコーラルヘッドを特徴としています。

詳しくはこちら

Sunset House Reef

サンセットハウスリーフはケイマン諸島で最も人気のあるダイビングスポットです。浅い透明度の高い海で見ることができるので、スキューバダイバーにもシュノーケラーにも最高のダイビングができるでしょう。

詳しくはこちら