Double Reef

最初のリーフは約14mまで傾斜していて、そこから砂地の底になります。そこから2番目のリーフを見ることができます。セカンドリーフは18m前後から始まり、30mまで下がり、さらに深くなります。

ウミガメは、バージャック、ヤマアラシ、カサゴ、アオウミウシ、トランクフィッシュなどと同様に、ここでは頻繁に見られます。

レベル

レベル

  • アドバンス
  • 初心者
透明度

透明度

  • 24 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 離岸流
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • ナイトダイブ
  • ドリフトダイビング

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

Water Factory / Fisherman’s Wharf

旧水工場の前には、ゴージャスで健康的な浅瀬のサンゴ礁が広がっています。 サンゴ礁の奥には浅い急な壁があり、様々な種類のハードコーラルや大きな樽スポンジ、オレンジ色の象耳スポンジなどが見られます。

詳しくはこちら

このカーゴシップは1977年に沈んだ船で、珊瑚とスポンジで覆われていて、オープンアクセス可能なカーゴベイがあります。

詳しくはこちら

1942年、USSエリー号はこの地域で魚雷を受け、上陸しました。船からキングフィッシャー機が海に投げ込まれ、あなたはまだ飛行機の残骸やエリーの一部をここで見つけることができます。船自体はここにはなくて、海岸の数マイルのところに沈んでいました。

詳しくはこちら

小さな港から海に入る穏やかで簡単なショアダイブ。港から20~30mのところには、捨てられた車やクレーン車などのスクラップで作られた面白い人工リーフがあります。時々、大型のターポンがこの辺りをウロウロしています。

詳しくはこちら

Car Pile - Marie Pampoen (Wreck)

60年代の車の残骸が捨てられていた場所でのディープダイブ。車の残骸は15mtr/50ftから始まり、無傷のものはもう少し深いところにある。30mtr/100ftでは、砂地の底に小さなバージを見つけ、その周りにはボートの残骸がいくつかある。テクニックダイバーのためには、60mtr/200ftともっと深いところにもっと多くの残骸がある。

詳しくはこちら

これは、ライオンズダイブ&ビーチリゾートの海岸からの素晴らしいハウスリーフダイブです。海岸にアクセスできるこのサイトは、新しいダイバーやシュノーケラーに最適で、キュラソー国立海洋公園のすぐ内側に位置しています。

詳しくはこちら

This site is an easy entrance on the right-hand side of the pier, directly under the car park. Sandy bottom with the coral reef starting at 5 m /15 ft and the drop off at 10 m / 30 ft. At 35 m /115 ft the reef turns into a sandy bottom again.

詳しくはこちら

Ship Wreck Point

シップレックポイントは、海の水族館の前にあるダイブサイトで、ダイブボートから行うのがベストです。美しいサンゴ礁の壁は10-20m / 30-60ftの間で最高潮になります。10m / 30ftには大きなアンカーと大きなプロペラがあります。テクニックダイバーのために、50m / 150フィートの棚の上に2つの小さな難破船があります。

詳しくはこちら

Cornelius Bay

海の水族館の左手にあるとても良いダイビングです。しかし、少し登ったところにあるので、到達するのは難しいかもしれません。岸から入るときは、浅いエルクホーン珊瑚に注意してください。

詳しくはこちら

Boca Sami

セントミッチェルズ湾でのショアダイブは、リーフの深い部分に大きなスポンジがある30m前後で、湾内の大きなブイには巨大なアンカーチェーンが取り付けられていて、帰り道の参考ポイントとして最適です。

詳しくはこちら