Pepe’s Point

The descent at this dive site is made without a reference buoy. The entrance is at the edge of the cliff of the island platform located between six and eight meters, right at the junction between the Atlantic Ocean and the Mediterranean Sea. The cliff goes down to 22 meters and from there to 40-50 meters.

You can see groupers, schools of corvina, lemon fish, barracudas, and lobsters.

レベル

レベル

  • アドバンス
透明度

透明度

  • 12 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 離岸流
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • ドリフトダイビング

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

Punta Marroquí de Poniente

タリファのSWエリアでのダイビング。潜降はストレートの自然公園のブイによって行われます。水深16~30m。

詳しくはこちら

Punta Marroquí de Levante

地中海タリファ地区最南端のダイビングポイント。レバンテ側、ハトの島のプンタ・マロキ(Punta Marroquí)のすぐ前にあります。ロープから水深16mまで潜降。水底には小さな難破船の鉄の跡があるので、注意が必要です。

詳しくはこちら

Pecio San Andrés (Wreck)

サンアンドレス号は19世紀半ばの蒸気船の沈没船です。甲板の一部と、動力源であるブレードの側面にある2つのブッシュが見える。船には無数の穴があり、そこには生命が溢れています。ここでは、ハタやアナゴを簡単に見ることができます。

詳しくはこちら

ボケテとは、島の壁に開けられた穴で、そこから海面に出ることができます。サン・アンドレス・ブイの近く、北方向、水深6メートルの島のプラットフォーム上にあります。

詳しくはこちら

20世紀初頭の沈没船。船の残骸から見える3つのボイラーにちなんで「ラス・カルデラス」と呼ばれている。船の残骸は広範囲に散らばっている。

詳しくはこちら

タリファ島の東側にあるまともなブイのあるダイビングポイント。 アンカレッジの水深は15メートル。ドリフトダイビングの可能性がある。15メートルから9メートルの間に壁のエリアを見ることができる可能性がある。

詳しくはこちら

水深5mから18mのウォールダイブ。San AndresブイとLas Piscinasブイの間に位置する。両方向に移動可能で、上部にあるプラットフォームで移動可能。

詳しくはこちら

タリファ島の大西洋側でのダイビングです。全てのレベルの方に適した簡単なダイビングサイトです。壁、砂地、岩の通路などがあります。水深8mから18mの間で、様々なルートをとることができます。

詳しくはこちら

タリファ島の大西洋側で、ビーチやボートからアクセスできる、すべてのダイビングレベルに対応したダイビングです。水深はO~12mです。

詳しくはこちら

タリファ島の地中海沿岸で、あらゆるレベルのダイバーに向けたダイビングです。アクセスは、ビーチまたはボートで可能です。水深は、0から12mまでです。

詳しくはこちら