このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

砂地と海草の草原がこの小さなリーフを取り囲んでおり、特に水が温まり始めると、小さな動物たちが集まってくる。リーフのトップは16mです。このサイトのハイライトは、ダイバーに慣れているフレンドリーなハタタテダイと、類まれなアンフォラの人工物です。

詳しくはこちら

オアシスは、砂地の真ん中に16mまでそびえ立つ岩で構成されています。ここにはハタタテダイやラゴスが豊富に生息しており、ダイバーにも利用されています。岩の割れ目にはユニークなアンフォラを見つけることができます。岩のすぐ下には木造の難破船があり、探索することもできます。

詳しくはこちら

ピナリーフでは、ダイビングボートは島の北東か壁に停泊しています。島と壁の間には浅い砂地が広がっており、そこにはたくさんの小さな岩が点在しています。壁の北西端は岩砂の斜面となっており、さらに深くなっています。

詳しくはこちら

This site is best suited for experienced divers as strong currents are normal. You will have to make your safety stop on the anchor rope. The top of the reef sits at 14 meters and there are two bumps like camel’s humps to explore, hence this site’s name.

詳しくはこちら

非常に浅い通路で区切られたこの2つの島の、より深い「外向き」(東側)と「内向き」(南西側)で潜ることができます。南側のリーフは、5mほどの岩と東側の砂地の斜面があり、多様な海草の草原、島の周りの岩の斜面、そして東側の小さな浅いリーフがあります。

詳しくはこちら

Predominant winds and surge usually allow this dive only in the morning when conditions are still calm. There is no current underwater, however. If you head west as soon as you descend to 20 meters deep you will find the entrance of the tunnel this site is famous for.

詳しくはこちら

ビュイック・マーラーは大きな洞窟で、天井の高さは32m、底は40m以下にまで下がっています。このサイトは経験豊富なダイバーのためのサイトです。ライトとクールな構図は必須です。入り口はポイントから西に行くと簡単に見つけることができますが、27mのオーバーハングの前に降りないと見ることができません。

詳しくはこちら

C-47ダコタ機(翼幅29m、全長20m)は、スクラップになった後、水深22mまで人工リーフになっています。初心者でも貨物室に入ることができます。

詳しくはこちら

カシュから最も近い距離にあるため、フェネルは非常に人気のあるダイビングサイトです。非常に多様なサイトです。東の水中に向かうと「オスマン・レック」があり、探検することができます。木製の背骨が摩耗しており、大きな水差しとともに23mのところに郵便が届きます。

詳しくはこちら

ネプチューンの海中庭園:チョンドゥール岬の沖合にある、波が高くて8mもある浅くて豊かなサンゴ礁。ここには、間違いなく古代の難破船の遺跡があり、たくさんのアンフォラが20mの高さからサンゴ礁の沿岸に沿って散らばっています。

詳しくはこちら