3 épaves

ポリネシアでは数少ない沈没地点。アメリカ海軍からRAI(Régie Aérienne Inter-insulaire、エアタヒチの先祖)に与えられ、1950年代にポリネシアの空を飛んだカタリナPBY-5Aの残骸を探検します。

オロヘナ号は、航海に適さないという宣告を受けるまで、島内外でさまざまな任務を担っていました。水深20~25mの海底は、豊かな海洋動植物のすみかとなっています。

レベル

レベル

  • アドバンス
  • 初心者
透明度

透明度

  • 15 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 離岸流
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • ナイトダイブ
  • レックダイブ

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

La Vallée blanche, Tahiti

タヒチ島で最も美しいダイビングのひとつ。グレイシャーク、ホワイトチップ、ブラックチップ、レモン、そして時には威厳のあるタイガーシャークも登場します。特にドリフトダイビングにおすすめです。

詳しくはこちら

タヒチでは間違いなく初心者に最適なサイトです。珊瑚のリングは最初のダイビングに理想的です。また、砂地には3つの沈船が横たわっています:セスナ(5m)、2隻のボート。

詳しくはこちら

この壁は、美しい珊瑚の台地を越えて5mほどのところから始まり、25mほどのところに教会の扉のような不思議な形をした美しい洞窟があります。

詳しくはこちら

巨大なウツボやサメ、あらゆる種類のリーフフィッシュを観察できる絶好の場所です。初心者の方やモーレア島で初めてダイビングをされる方に人気のあるダイビングスポットです。

詳しくはこちら

ダイビングサイトはボートで10分、最大でも10分、北から西に向かって走っていますが、波にさらされていることもあります。天候に左右されます。ドリフトダイブをお勧めしますが、必須ではありません。

詳しくはこちら

初めてのダイバーの方やリフレッシュしたい方に最適な、壮大なサンゴ園の水族館です。美しい白砂の上に設置された珊瑚の岩には、色とりどりの魚たちが泳いでいます。

詳しくはこちら

ダイビングサイト「アナウ」では、ラグーンの中で簡単に保護されたダイビングを楽しむことができます。クリーニングステーションなので一年中マンタを見ることができます。ウミガメも時々観察できます。

詳しくはこちら

このドロップオフには多くの熱帯魚が集まり、中でも巨大なイソギンチャクとその仲間であるクマノミは必見です。壁の下には大きな砂地があり、ヒョウモンダコやマダラトビエイが餌を求めてやってきます。最後は、美しい珊瑚の庭でダイビングを終了します。

詳しくはこちら

ボラボラ島でマンタのバレーを見ることができる2つのダイビングポイントのうちの1つ。ダイビングはドロップオフに沿って行われます。浅い水深で流れもなく、とても簡単に潜ることができます。

詳しくはこちら

Muri Muri

抜群のディープブルーダイブサイト。グレイリーフシャークと一緒に、大きな珊瑚の台地を発見し、クチナシウツボのコロニーが生息する砂地へと導いてくれます。深く開いた水の中では、トレバリー、バラクーダ、ウミガメの群れを見ることができます。これはドリフトダイブです。

詳しくはこちら