Mango Bay

水深1mから16mまでの大きな砂地エリアがあり、トレーニングダイブに最適なサイトです。巨大な人工リーフのコンクリートキューブのエリアが2つあり、浮力トレーニングや技術トレーニングに適しています。東側にはハードコーラルが豊富に密集しているエリアがあり、西側には岩場のような傾斜のあるリーフがあります。

ハードコーラルや小型のサンゴ礁魚種が多い。ウミガメもよく見られます。トリガーフィッシュ、ナマズ、ハゼ、エイ、ヤマアラシフグ、パロットフィッシュ、ラス、アネモネフィッシュ。

レベル

レベル

  • 初心者
透明度

透明度

  • 10 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 離岸流
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • スノーケリング
  • 人工魚礁

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

Lighthouse Pinnacle

初心者から上級者まで楽しめるダイビングサイトですサイトの北側は北向きの流れがあるので、それに合わせてダイビングを計画してください。

詳しくはこちら

タオ島に隣接するナンユアン島の東側に位置するダイブサイトです。島から沖に向かって砂地が、徐々に深くなって行き、北へ向かうと島沿いにウォールダイビングができます。浅瀬には、様々な種類のサンゴが群生しており、スズメダイなどのサンゴに共生する生き物たちを観察する事ができるはずです。西風が強い日でも、島影になりますので、穏やかな環境でダイビングする事ができます。

詳しくはこちら

Red Rock

レッドロックは、南竿島の北東に位置する大きなピナクルダイブサイトです。この岩は最大水深20メートルに達し、ドロップダイブポイントとしてよく利用されています。

詳しくはこちら

タオ島の東側、ヒンウォンベイの沖に位置するピナクルです。比較的、流れが強い日が多く、中級者以上にオススメのダイブサイトです。メインの岩は、さほど大きくはありませんが、ダイブサイト全体は広範囲で、岩がポツポツと広がっています。潮の流れに乗ってやってくる回遊魚たちを見る事ができるでしょう。稀にジンベイザメも出現することのあるダイブサイトです。

詳しくはこちら

タオ島に隣接するナンユアン島の東側に位置し、よく似た2つの根によって構成されているので、ツインズ(双子)と名のダイブサイトです。ナンユアンよりの浅瀬では枝珊瑚が美しく群生しています。島から沖に向かって、穏やかな砂地が続き、1つ目の根、2つ目の根があって、深度も5M〜20M以上と幅が広く、初心者からベテランまで楽しむことができる人気のダイブサイトです。

詳しくはこちら

このダイブサイトは、タオ島に隣接するナンユアン島の西側にあるダイブサイト「ツインズ」の隣に位置しています。穏やかな砂地で、5M〜18Mくらいの深度に中性浮力の練習に有効な、様々なオブジェクトが設置されているため、講習に使われる事の多いポイントですが、サメや、恐竜、亀、魚などの大きなオブジェクトなど、記念撮影がしたくなるオブジェクトがたくさんあるので、ファンダイバーにも人気のダイブサイトです。

詳しくはこちら

タオ島に隣接するナンユアン島の南に位置するホワイトロックは、通称ホワイトロック、ブラックロックの2つの根で構成されたダイブサイトです。全体ではかなり大きな根になりますので、何度潜っても、コース取りや深度、観察する生物の種類などによって、飽きのこないダイブサイトです。初心者からベテランダイバーまで、楽しむことができるはずです。

詳しくはこちら

タオ島に隣接するナンユアン島の北側に位置するダイビングポイントです。水面近くまである根が、緑色に見える事からグリーンロックという名前が付いています。島側から沖に向かって、徐々に深くなっていく砂地に、巨石が連なったピナクルで、スイムスルーが、そこかしこにあり、ダイバーの冒険心を掻き立てる人気のダイブサイトです。

詳しくはこちら

No Name Pinnacle

10mから40mの範囲にあるノーネームピナクルはエントリーレベルのダイバーでも楽しめるが、ディープダイブのトレーニングを受けた人だけがこのサイトを最大限に活用できる。

詳しくはこちら

タオ島の東海岸にある湾のダイブサイトです。西風が強く島の西側のダイブサイトで潜れない時にも、穏やかなコンディションでダイビングを楽しむ事ができるポイントです。白い砂地に、枝サンゴの群生が美しく、乱舞するスズメダイなどを観察する事ができます。また、湾の北側には、テルメアジの大軍、「アジ玉」を、頻繁に見る事ができるのもダイバーに人気です。

詳しくはこちら