Makronisi

マクロニシ島の南端に位置するこのサイトでは、小さなバラクーダ(Loutsa)をよく見ることができます。西側の壁を南に向かって約5-6mのところでダイビングを開始する。島の南側から伸びているリーフトングの裂け目があり、そこから東側に渡る。

白いソフトコーラル、小魚の群れ、ウツボ、バラクーダの群れなどを見ることができます。

レベル

レベル

  • アドバンス
透明度

透明度

  • 19 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • スノーケリング
  • ナイトダイブ
  • マクロスポット

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

全周潜れる美しいリーフ。南西側からスタートして、時計回りに進んでいきます。ポシドニアグラスが散在している砂地の岩底から、景色は黒と赤の岩壁に変わり、小さなオーバーハングとサンゴが見られる。

詳しくはこちら

名前が全てを物語っています。最大水深12mのファンダイビングで、周りを泳ぎ回り、いくつかの素晴らしい岩場、たくさんの海洋生物、特にダムゼルフィッシュ、そして歴史的なアンフォラなどがいます。

詳しくはこちら

初心者の方、スキューバダイビングやオープンウォーターダイバーコースに挑戦される方に最適な砂底ダイビングで、非常に穏やかな海と抜群の視認性を誇ります。流れがなく、砂地の底には素晴らしい海洋生物が生息しています。

詳しくはこちら

キャニオンズは、ドライオニシ島からオフセットした岩の周りを複雑に蛇行するルートを持つユニークなダイビングです。このダイブサイトは風が非常に強くてもアクセスできますが、空気の消費が良い上級者向けのダイブサイトです。

詳しくはこちら

すべてのレベルのダイバーに最適なダイビングで、一般的には流れはありません。パロス島では悪名高い北風と波の荒い海でも、ドライオニシの南側は穏やかでフラット、そして保護されている。ダイブ自体は他の場所とは違った地形をしていて、岩はより鋭く、よりギザギザしています。

詳しくはこちら

このサイトは、美しい保護された湾で、コーストレーニングを含むあらゆるタイプのダイビングに最適です。このダイブサイトには全てが揃っています。浅い砂地の底に巨大な岩石、壁のドロップオフやクレビスがあり、これらすべてが楽しい冒険的で景色の良いダイビングを作り出しています。

詳しくはこちら

ゴールデンビーチから20分。この入り江は北風が吹いても大丈夫です。壁は25メートル以上まで落ち、海流から守られている。パロス島で海賊時代に難破した木製のアンフォラを観察することができる。

詳しくはこちら

地元でも人気のあるこのダイビングは、8mまでゆっくりと下降していき、壁を見つけるところから始まります。巨大な岩が急峻な壁へと変化し、その上にはソフトコーラルと鮮やかな色をした珊瑚礁が張り出しています。

詳しくはこちら

ダイビングボートはリーフの近くに停泊し、リーフの壁に沿って泳ぎ、ゆっくりと約15メートルまで潜っていきます。リーフの先端から砂地を30メートルほど横切り、難破船の開いたファサードに到着します。一番深いポイント、船尾からスタートします。

詳しくはこちら

このダイビングは、非常に強い流れに遭遇する可能性があるため、ドリフトダイブと通常のダイブ(ボートの後ろから)のどちらかで行うことができます。ドリフトダイブでは、流れに逆らわずにダイビングを楽しむことができます。

詳しくはこちら