Zoetersbout

ZoetersboutはOosterscheldeの中でアクセスしやすいダイブサイトで、ここにはほとんど流れはありませんが、堤防の頭ではそれを感じることができます。ウツボ、ロブスター、ガラテークロブスターが生息している生い茂った堤防の壁に沿って潜ることができます。雑草の間に潜り、ここで水中生物を発見してください。

ダイビングシーズンの時間帯によっては、硬い魚、フロストワッピン、タツノオトシゴ、ウミウシ、ガラテークロブスターの他にも、イカ、ウナギ、スズキ、スノットウルフなども見られます。

レベル

レベル

  • アドバンス
透明度

透明度

  • 3 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 離岸流
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • ナイトダイブ
  • マクロスポット

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

アンナヤコバポルダーのダイブサイトは、ゾーテルスバウトのダイブサイトの真向かいにあります。このサイトは、アンナ-ヤコバポルダーとザイペを結ぶフェリーが出航していたフェリーポートに位置しています。現在、メインダムの間には牡蠣養殖場があります。

詳しくはこちら

ここは、簡単にアクセスできるショアダイビングサイトです。障害者用桟橋には十分な駐車場が用意されています。このサイトは、たくさんのお祝いをするクラブに広く利用されています。ダイビングサイトへのアクセス方法は、ボートランプから海に入ることです。

詳しくはこちら

このダイビングポイントは潮の影響を受けないので、一日中潜ることができます。階段からは、左にも右にも潜ることができます。右側にはポンプ場があり、とてもきれいに茂っていて、マクロ写真家にとっては魅力的な写真が撮れることもあります。

詳しくはこちら

Dreischor Frans Kokrif

ドライショー・ゲマールのすぐ前には、もう一つのダイブサイトがあります。こちらは数年前にここに作られた人工リーフによって強化されています。シャレンディケやデンオッセと同じように、ここにもリーフボールのリボンが敷かれています。駐車場は簡単で、堤防を越えて階段を登っていくと、水の中に入ることができるライザーがあります。

詳しくはこちら

Zeeland Bridgeは、Oosterscheldeで最も人気のあるダイブサイトです。特にセピアシーズン(5月~6月)には、オランダ、ベルギー、フランス、ドイツからのダイバーに大人気です。

詳しくはこちら

Levensstrijd (Life Struggle)は比較的浅いダイブサイトですが、隣のダイブサイトの人混みが苦手な方にはお勧めです。堤防のロックダンプに沿って潜ることができ、砂地の底では、より硬い基質を見つけることもできます。

詳しくはこちら

Bergse Diepsluisは、地元のダイバーからはOesterdamやThoolse Gatとも呼ばれ、非常にアクセスしやすい場所にあり、ダイバーはOosterschelde国立公園の素晴らしさを知ることができます。このサイトは場所柄、海流がほとんどないので、初心者には理想的なスポットです。

詳しくはこちら

デンオッセのダイブサイト・ケルクウェグは、ゼーラントで最も有名なダイビングスポットの一つです。ここでは、桟橋からカキの床、リーフボールの人工リーフ、その他多くの硬い基質が美しく茂っている場所に潜ることができます。最大水深は約30メートルです。

詳しくはこちら

週末のダイビングを家族旅行に変えるのに最適なダイビングサイトです。スイミングエリアや公衆トイレ、水遊び場まである美しいビーチの近くに位置しています。

詳しくはこちら

Plompetoren, Koudekerke

プロンペトーレンのダイブサイトは、海の中に消えてしまったクデケルケ村に残っていた塔にちなんで名付けられました。これはナビゲーションに関しては難しいダイビングサイトではなく、側面は真っ直ぐで、水深ラインは岸とほぼ平行に30メートルまで走っています。

詳しくはこちら