Poyraz Koyu

ポイラズ・コユは黒島の奥に位置し、船で約45分で到着します。ポイラズとはトルコ語で北東の風を意味します。右側に沿って進むと、16mの最初の岩礁に降りることができます。

ハタ、タコ、ウナギ、ヒトデ、海綿、他の数種の小魚(両生類)を探してみましょう。

レベル

レベル

  • アドバンス
  • 初心者
透明度

透明度

  • 35 m
流れ

流れ

  • 弱い流れ
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • 壁/ドロップオフ
  • ナイトダイブ
  • マクロスポット

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

このダイビングサイトは、ディープダイブやドロップオフダイブが好きな方に人気のダイビングサイトです。Pınar-1沈船とポイラズ湾の間に位置しています。通常は風が強く、波が荒れています。このダイブサイトは、最初に17mまでのドロップオフがあり、その後45+mまでのドロップオフがあります。

詳しくはこちら

TCG Pinar 1 は海軍沿岸警備隊の水上輸送船でした。2007年5月にBOSAD (Bodrum Sualtı Derneği)によって、ダイバーのための人工リーフを作るために沈められました。長さは37m、幅は7mである。船尾は20mに位置し、約30mまで下降しています。

詳しくはこちら

黒島の裏側、水深12mの場所にあります。洞窟の中にはウミウシやチューブワームがたくさんいます。洞窟内には明かりがあります。ただし、見やすいように松明を忘れずに。一人ずつ泳いで煙突を上っていき、スポンジを蹴らないように注意してください。たくさんの種類の壊れやすいサンゴを見ることができます。

詳しくはこちら

On the south side of Black island, towards Datça there is a small rock in the open sea. There are strong currents and mostly windy. West side is more suitable for diving. There is a memorial statue of late businessman Mustafa Koç and the seal named Badem rehabiltated with his support.

詳しくはこちら

Neco Bay

This bay is a calm, small bay and a good place to hide from southern winds and waves. Left side of the bay is rocky and shallow. Good for try scuba and entry level divers. This wall then drops down to 30-35m to reach to a sandy plateau. Keep wall on your left side and continue your diving. Minimum current.

詳しくはこちら

このサイトの名前は、ボドルムの有名なスポンジハンター「アクソナ・メフメット」に由来しています。ボートで約50分、上級者とオープンウォーターダイバーのためのコースです。メートルから始まり、30~35メートルまで潜ることができます。

詳しくはこちら

South Point

On the south end side of the Black Island, a very protected bay is popular for divers. Three different dive options. Left side is good for OW & AOW divers. Right side is good for entry level divers. Inside the bay a very shallow sandy bottom is ideal for training. Only bad when south wind is blowing. Boat traffic!

詳しくはこちら

スマグラーズ・ベイはオスマン帝国時代から有名で、ギリシャの島々からの麻薬密輸業者が利用していた場所です。湾は島の横顔に深い切り込みを入れており、遠くから湾を見ることは非常に困難です。また、海面直下に入り口があり、非常に長く曲がりくねった水中洞窟システムがあります。

詳しくはこちら

C-47ダコタは、全長20m、翼幅30mの軍用機の難破機です。2007年にBOSADによって沈没した。深さは19mから始まり、33mまで下降する。2010年には2つに分解され、胴体と尾翼部分が深く漂流している。左エンジンも移動中に壊れていた。

詳しくはこちら

SG 115は、2007年に黒島周辺の人工リーフとなるためにBOSADによって沈められた旧海上保安庁の船です。岩だらけの海岸線を離れ、ネプチューン草を渡った先にSG 115がそびえ立っている。船尾は水深17m、船首は26m。

詳しくはこちら