Hermenegildo Capelo (Wreck)

表層に標識ブイで目印となる「オーシャン・リバイバル海中公園」は、ポルトガル海軍の4隻の船が人工岩礁の役割を果たしています。この4隻のうちの1隻がエルメネジルド・カペロ号であり、世界でも珍しい場所です。

人工岩礁として、穴子、鯛、金目鯛、トリガーフィッシュ、シーバスなど多くの海洋生物が生息しています。

レベル

レベル

  • アドバンス
透明度

透明度

  • 6 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 離岸流
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • ナイトダイブ
  • 人工魚礁
  • マクロスポット
  • レックダイブ

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

Almeida Carvalho (Wreck)

ポルトガルのアルガルヴェ沖にある海中公園「オーシャン・リバイバル」は、地上にある標識ブイで区画され、4隻のポルトガル海軍の船から構成されており、ユニークな人工サンゴ礁として機能しています。アルメイダ・カルバーリョ号はそのうちの1隻です。

詳しくはこちら

Navio Zambeze (Wreck)

海中公園「オーシャン・リバイバル」は、ポルトガル海軍の4隻の艦船から構成されており、そのうちの1隻であるザンベーズ号は、ユニークな人工岩礁の役割を果たしています。

詳しくはこちら

Oliveira e Carmo (Wreck)

ポルトガルのアルガルヴェ沖にある海中公園「オーシャン・リバイバル」は、地上にある標識ブイで区画され、4隻のポルトガル海軍の船から構成されており、ユニークな人工サンゴ礁の役割を果たしています。オリベイラ・エ・カルモ号はそのうちの1隻です。

詳しくはこちら

Canhoneira Faro

何百年も前の沈没船で、主に船のボイラーが見られ、いくつかの広がった金属部品も見られる。砂に囲まれたこの小さな沈没船は、小さな生物や多くの小さな種類の魚の避難所のようになっています。初心者はもちろんのこと、歴史的建造物に潜りたいという熱心なダイバーにとっても興味深い場所です。

詳しくはこちら

Castelo de Neptuno

様々なクレーターやダイブトラフがある丸い形のリーフ。最大水深は13mです。初心者の方から、楽しいダイビングを求める熱心な方まで、あらゆるダイバーの方にお勧めです。マクロ撮影にも適しています。

詳しくはこちら

Propellers Paradise

正体不明の沈没船で、おそらくタグボートだと思われる。5枚羽根のプロペラの周りに残骸がある。砂に囲まれているので、海の生物にとってはまさにオアシスとなる。

詳しくはこちら

Âncoras

17、18、19世紀のアンカーを見ることができる考古学的なダイビングスポット。岩盤の間を潜ることができるので、注目されています。最大水深は17m

詳しくはこちら

Canavial

石と砂が混ざった水深3~8mのこの場所は、トレーニングダイブやバプテスマに最適です。また、ダイビングとシュノーケリングを組み合わせて体験するのにも適しています。

詳しくはこちら

Paredes do Porto de Mós

素晴らしい岩場の高台。この場所は、岩の多孔性により、アナゴやウツボに最適な環境を作り出している。懐中電灯の使用をお勧めします。

詳しくはこちら

Península dos Covos

ペニンシュラ・ドス・コボスは、コバ・レドンダ・ビーチの前に位置し、アルマサン・デ・ペラの隣にあり、ビーチからのダイビングが可能な非常にリッチなダイビングスポットです。

詳しくはこちら