Rannalhi House Reef

砂地の緩やかなスロープから始まり、最大水深17mのかなり広いリーフへと進んでいく、あらゆるダイバーにとって非常に良いダイブサイトです。稚魚の保育園でもあるので、エサを求めてやってくるトレバリーもいます。

色とりどりのリーフフィッシュがたくさんいて、その中には、スウィートリップス、エンパラー、サバ、フュージリアの群れなどが含まれています。運が良ければ、エイ、ウミガメ、ホワイトチップリーフシャークに出会えるかもしれません。

レベル

レベル

  • アドバンス
  • 初心者
透明度

透明度

  • 15 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 離岸流
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • スノーケリング
  • ナイトダイブ
  • 根、水中山

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

アドミラル3は、ランナルヒの北側、チャネル内のアウトサイドリーフにあります。7mから壁になっており、28mまでドロップオフが続く。チャンネルエントリーでは大きな魚が見られるチャンスがあります。

詳しくはこちら

一般的には西側に潜っている外側のリーフで、小さな石サンゴが多く見られます。北側のリーフと南側のリーフの間には小さなティラがあります。小さな水路を渡るのはかなりエキサイティングです。

詳しくはこちら

西側に美しい珊瑚のブロックがある小さなギリ。このギリはイソギンチャクの畑と様々な種類のクマノミで覆われています。簡単なダイビング。

詳しくはこちら

アパ・ティラは環礁の内側にある大きなリーフです。リーフの西側は、ソフトコーラルがたくさん生えている美しいテラスになっています。60分でサイトの半分を泳ぐことができる。東側には小さなオーバーハングが見られる。フォトグラファーにはもってこいのダイビングサイト。

詳しくはこちら

ドンマスギリは環礁の真ん中にある小さな丸いリーフです。南側の1~12mのドロップオフには、コンパクトなサンゴに覆われた小さなボミーがあり、そこにはたくさんのグラスフィッシュが隠れています。西側には美しいオーバーハングがあります。トーチを持ってのダイビングがお勧めです。

詳しくはこちら

西側にドロップオフがある小さなインサイドリーフです。このサイトは5~12mの間に穴やオーバーハングがいっぱいあります。スポンジやブラックコーラルが豊富です。トーチを持ってのダイビングをお勧めします。

詳しくはこちら

フィハロヒの外側のリーフでは、なだらかな傾斜が20メートルまで続いています。砂地の底には石サンゴがあり、その中にはグラスフィッシュやクリーニングシュリンプの群れが隠れています。

詳しくはこちら

タイラの周りには、イエローバックやネオンフュージュラーの巨大な群れや、トレバリーやバラクーダの群れが群がり、小魚を狩ったり、ごちそうになったりしています。

詳しくはこちら

西側にドロップオフがあり、オーバーハングが多い小さなインサイドリーフです。トーチがお勧めです。このサイトはトップリーフにハードコーラルが多く、サンゴが多いことで知られるベストサイトの一つです。

詳しくはこちら

フィハロヒ・ベルーは、外側のリーフにある美しいティラです。魚の群れが多く、流れがあれば大きな魚がいることもあります。西側のオーバーハング周辺では、ナースシャークに遭遇することがあります。松明を持っていくことをお勧めします。

詳しくはこちら