Zakamica

An island you dive around.Wall is on the North side and goes from 5-35 meters.There is a cavern on 30 m.Suitable for beginners and advanced divers

Plenty of pelagic fish, nudibranch, sponges and crabs.In the shallow you can see octopus and posidonia garden

レベル

レベル

  • アドバンス
  • 初心者
透明度

透明度

  • 19 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • 壁/ドロップオフ
  • マクロスポット

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

1930年に沈没した砂地の底に、全長72メートルの難破船「テティ」が眠っています。この船は絵のように美しい予備のハンドルで有名で、近くにはウツボや穴子が住んでいます。

詳しくはこちら

Fortunal (Wreck)

フォーチュナル号は、海岸近くにあった小型漁船です。航海ミスで海岸に激突し、今でも漁網や持ち物でいっぱいです。ダイビングの最後には素敵な洞窟もあります。

詳しくはこちら

Vassilios T., wreck

1939年3月、石炭を積んでベニスに向かっていたこの船の舵が故障し、ヴァシリオス号はその後沈没しました。この105mの巨大な船は現在、左舷の砂地に沈んでいます。かつて石炭でいっぱいだった船体は、今では空っぽになっています。この難破船は水深20~55メートルに位置しています。

詳しくはこちら

Velika Špilja

Velika špilija in Croatian simply means “great grotto”, which perfectly reflects the characteristics of this place. This dive site is located on the southern side of the island, on one of the small coves halfway between the Stupišće and Gaće headlands.

詳しくはこちら

Wall with several caverns.Deepest and biggest one starts at 28 meters and is around 70 meters long.Suitable for all levels from beginners and advanced divers.

詳しくはこちら

A slope transforming into a wall at the depth of 10 m (going down to 20-25 m) with a few caverns at different depths, one of which resembles a three-aisled building.

詳しくはこちら

A 50-meters long cave with an entrance (and exit) at the depth of 18 m and a thermocline and halocline inside. In the very end of the cave above halocline there is air bubble.

詳しくはこちら

The steeply sloping wall continues under the water, and on the extension of the cape there is a characteristic hump, the end of which is about 50 m away from the coast, the walls drop below 50 m deep, and the deepest peak is about 45 m below sea level.

詳しくはこちら

Nova Pošta

ノヴァ・ポシュタは、ヴィス島の最北端の半島にあるトンネル、洞窟、漏斗(煙突)で構成されています。あなたのボートは、穏やかで美しく、風の安全な湾に係留されています。

詳しくはこちら

Hellenistic Port

ヘレニズム・ポートは、イッサ・ホテルの前にある古代の港の遺跡で構成されています。傾斜地は黄色のスポンジで覆われている。水深が1.5mを超えない場所にコンクリートの岸壁があり、そこから水の入り口が作られています。

詳しくはこちら