M2 (Wreck)

非常に人気のあるダイビングですが、場所柄、潮の流れや潮の流れの関係で限られています。水深約32mの海底に直立し、約18mまで上がります。

イソギンチャクに覆われていることで知られていますが、デッキの排水溝にはコンガーが横たわっていることがよくあります。魚の大群が泳いでいて、カニもいます。

レベル

レベル

  • アドバンス
透明度

透明度

  • 6 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • レックダイブ

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

フロッグナー号は1918年4月25日に沈没したノルウェーの蒸気船です。水深は35mで、広範囲に引き揚げられていますが、まだ潜るには最高の難破船です。

詳しくはこちら

UB-74 (Wreck)

UB-74は1918年5月26日に撃沈されたドイツの潜水艦です。沈没地点は34m。182ftの長さで、Lornaと呼ばれる武装したヨットからの水深チャージで沈没した。潮が許すときに潜るのに最適な沈船である。

詳しくはこちら

P-555 (Wreck)

この潜水艦P-555は39mの海底に直立して横たわっています。この難破船はほとんど無傷である。1947年4月28日に沈没しました。4x21インチの魚雷発射管と3インチのAA砲を搭載しており、ディープダイバーやエクステンデッドレンジダイバーの専門家であれば、潜水艦愛好家には最高のダイビングとなるでしょう。

詳しくはこちら

Spaniard/Encuri (Wreck)

外側の防波堤のすぐ内側にあるこの沈船は、初心者の方や、ギアをチェックしたい方、スキルを試したい方、簡単なダイビングをしたい方には最高の沈船です。最大水深は14mで、7mまで潜ることができます。

詳しくはこちら

Balaclava Bay

6mのレッジからスタートし、ドリフトダイブに最適なサイトです。岸から離れて泳ぐことで、ダイバーは深さを選ぶことができますが、面白いものはほとんど浅いところにあります。

詳しくはこちら

Countess of Erne

This is a paddle steamer built at the end of the 1800s. Towards the end of its life it was used as a barge to ferry coal out to the battleships moored within the harbour. In 1935 it was blown from its moorings and ended up wrecked against the breakwater wall where it remains.

詳しくはこちら

Bombarden Unit (Wreck)

この沈没船は2つのセクションに分かれており、2つ目のセクションは南東に約150ヤードのところにある。大きな金属製のタンクと平らなシートがいくつか見える。沈没したのは水深12mの軟らかくてシルティな海底で、沈没船の高さは約3mであった。

詳しくはこちら

British Inventor (Wreck)

板などの残骸で構成されたかなり平らな難破船。船首部分だけが沈没し、残りは曳航されて修理された。水深は17mで、主に砂と砂利の底である。

詳しくはこちら

Elena R (Wreck)

1939年11月22日に沈没したギリシャの蒸気船。水深27mにあり、ところどころに高さ7mのところもあります。ゆるい砂礫と強い潮流に囲まれている。ダイビングの時間帯には注意が必要です。

詳しくはこちら

Ethel (Wreck)

エセルはイギリスの蒸気船で、1918年9月16日にドイツのSub-UB-104に魚雷を受け、第一次世界大戦最後の犠牲者の一人となった。視界の良い砂地で水深は36m。

詳しくはこちら