Passe en S #3

プランクの端から少し離れたところにアンカー。ドロップオフは20mから始まり、55mで終わる。このダイブは "メロウパレス "の愛称で呼ばれている4番ブイと合流します。

繁殖期には多くのハタが生息しています。峠を渡る孤立したサメに出くわすことも珍しくありません。

レベル

レベル

  • アドバンス
  • 初心者
透明度

透明度

  • 15 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • 壁/ドロップオフ

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

Passe en S #2

ドロップオフは停泊地に近い。トップは30mで、60mまで下っていく。孤立したリーフブロックのある大きな砂地がある。

詳しくはこちら

Passe en S #5

このサイトは、あちこちにサンゴのブロックがある白砂の谷です。天気の良い日には、岩と真っ白な砂のコントラストが見事です。

詳しくはこちら

Passe en S #12

12号は25mまでの緩やかな砂の斜面。落差の上部は30mで、55mまで下降します。壁には白い珊瑚が生えています。

詳しくはこちら

Passe en S #5B

このサイトは、あちこちにサンゴのブロックがある白砂の美しい谷です。天気の良い日には、岩と真っ白な砂のコントラストが見事です。

詳しくはこちら

Passe en S #1B

サイトはフラットの4~5mからスタートし、20mまで潜ってこのサイトでたくさんの生物に出会うことができます。ドロップオフからは美しいサンゴの基盤が現れます。

詳しくはこちら

Passe en S #6

100フィートのドロップオフは、ブイから十分に離れています。そこに到達するには、砂地の谷と、サンゴの頭や他の孤立した岩が置かれている小さな渓谷を渡らなければなりません。

詳しくはこちら

Passe en S #11

Sパスターンでは、#11は段差状のドロップオフ。1回目のドロップオフは15~20m、2回目は35~40m。ブイが停泊しているブロックには、あらゆる種類のサンゴが豊富に生息しています。

詳しくはこちら

Passe en S #10

停泊地のふもとには、カクレクマノミの家族が自分たちの家として選んだ青いイソギンチャクがあります。ここの砂地は30メートルまで緩やかに傾斜しており、そこから落下が始まります。

詳しくはこちら

Passe en S #9

チャネルの南東部に位置する#9は、西に向かって真西に向かって潜るのが面白い。サイトの構成は全てのパスエントランスブイと同じである。25mと40mに段差のある階段状のドロップオフがあります。

詳しくはこちら

Passe en S #7

#7号は水深15m。あっという間に55mまで下がるドロップオフに到着。晴れた日の素敵なダイビングです。

詳しくはこちら