Nebo Wreck, Aliwal Shoal

SSネボ難破船は、1884年に沈没したイギリスの蒸気船であり、アリワルショールズの多くの犠牲者の一つであった。それはイギリスから出発し、ダーバンに向かう途中であったが、それは海岸近くに沈んだとき、それは新しい鉄道を構築するために計画されていた4500トンの金属貨物を持っていた。

バットフィッシュ、バラクーダ、時折サケのダッガ、エイ、オオメジロザメ、クロコダイルザメ、ギターシャークなどが見られます。

保有プロ資格

保有プロ資格

  • アドバンス
透明度

透明度

  • 12 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 離岸流
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • ドリフトダイビング
  • レックダイブ

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

Inside Edge - Aliwal Shoal

アリワルショールの内側の端は砂地から隆起しており、ピナクル、峡谷、スイムスルー、洞窟などの幻想的な景観を形成しています。アフリカで最高のダイビングのいくつかは、アリワルショールで発見されています。それは海洋生物の多様な配列の家です。

詳しくはこちら

アリワルショールは化石化した砂丘で、面白いユニークな山のようなリーフ構造をしており、多くのスイムスルー、峡谷、裂け目などがあります。リーフはボートでしかアクセスできません。

詳しくはこちら

Outside Edge, Aliwal Shoal

このダイビングサイトは、最大水深が27mでボートでしかアクセスできないため、最低でもアドバンスドオープンウォーターダイバーの資格を持っています。水深が深いため、初心者の方には適していません。

詳しくはこちら

アリワルショールのピナクルに落ちた最も最近の船は、1974年8月11日に沈没したMVプロデュースです。砂の上に最大の深さ32メートル。このノルウェーのばら積み船は、元の長さ168メートルで、沈没したときに糖蜜を満載していました。

詳しくはこちら

アンフィシアターの名前が全てを物語るように、ダイバーは生きた色を観察することができます。海の生物の群れが最も鮮やかなショーを見せてくれます。最大水深は27m、アンフィシアターのトップは18mです。

詳しくはこちら

ノースサンズは、岩石に囲まれた広大な砂地です。4月から10月までの冬の間は、様々なエイ、サンドシャーク、サンドタイガーの見事なディスプレイをお楽しみください。

詳しくはこちら

ラギーズケイブはスイムスルーのある大きな張り出しで、冬から春にかけてここに集まるサンドタイガーシャークで有名です。最大水深は18m、平均水深は11mです。

詳しくはこちら

ここは誰もが楽しめるダイビングサイトで、3つの主な特徴があります-水面に向かって急上昇するピナクル、多くの浅瀬の住人の隠れ家となるオーバーハング、そして有名なチャンネルケーブです。

詳しくはこちら

ピナクルズは、多くのクレビス、峡谷、そして探検するためのレッジと山のような岩の形成のクラスタを形成しています。このダイビングサイトは、アリワルショールをダイビングするときに訪問するサイトのリストのために必要があります。最大深度は5mで最も浅いピナクルズと18mです。

詳しくはこちら

サウスサンズは、リーフ構造に囲まれた大きな砂地で構成されています。最大水深は14m、平均水深は11mです。ここは、エイやギターシャークの大群を見つけるのに最適なダイブサイトです。

詳しくはこちら

おすすめコース

Boat Diving

海岸からは辿り着けない手付かずのダイビングスポットを発見し、リブアボードダイビングの興奮を体験してください。 SSI ボートダイビングスペシャルティでボートからダイビングするために必要なすべてを学びましょう。 さぁ今日からはじめましょう。      

詳しくはこちら

Technical Wreck Diving

素晴らしいレックダイビングを体験してみませんか? テクニカルダイビングのスキルを高めて、深度80メートルまでのレックダイビングを行い、世界のエリートディープ減圧ダイバーの仲間入りをしましょう。 さっそく今日からSSIテクニカルレックダイバーになりましょう!

詳しくはこちら

Navigation

自分がどこに向かっているのかを常に把握した状態で、より優れた自信に満ちたダイバーになりましょう。 ダイブコンパスの使い方、ナチュラルナビゲーションテクニックなどを学びましょう。今日からSSI ナビゲーションスペシャルティに参加しよう!                                       

詳しくはこちら