Rt Kosaca

コサカはグルグル島の始まりに位置しています。そこに到達するには、15分かかります。ここは初心者の方や経験の少ない方には最適なスポットです。

ウミウシやタコ、イセエビも見られますし、青を見ればウミウシの群れやサレマスも見られます。

保有プロ資格

保有プロ資格

  • アドバンス
  • 初心者
透明度

透明度

  • 17 m
流れ

流れ

  • 弱い流れ
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • 壁/ドロップオフ

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

指」と訳されるPrstは、グルグル島の始まりにあります。その名の通り、指を連想させるような形をしています。スピードボートで15分ほどで到着します。

詳しくはこちら

水族館はグルグルの北側にあります。ダイブサイトに到着するには、高速ゴムボートで20分ほど移動します。その後、壁のある浅い場所に停泊します。

詳しくはこちら

シュガーコーンはグルグル島の北側に位置し、水深5mの中に簡単に錨を降ろすことができるバイトがあります。このダイブサイトへのアクセスはボートで15分です。

詳しくはこちら

キャニオンはグルグル島の北側にあります。それは到達するのは簡単で、ボートを停泊させるのに最適な保護された小さな湾を持っています。キャニオンに到達するには、ボートで15-20分の間にかかります。ダイビングは約5-10mの深さで始まり、底は約40/45mです。

詳しくはこちら

シカタンキは、ダイビングサイトキャニオンに続いてグルグル島にあります。このダイブサイトは流れがあり、カラフルな壁があることで有名です。水深8~10mの水深にアンカーを打ち、アンカーラインに沿ってダイビングを開始します。

詳しくはこちら

このダイビングポイントは、ゴリの南側にある灯台のある場所にあります。スピードボートで15分/20分ほどで到着します。灯台の前の浅場に錨を降ろしてください。

詳しくはこちら

このダイブサイトはプルヴィッチ島の北側にあります。停泊する方法は、プルヴィック島とトンネルのある岩の間か、北側の岩の前の2つの可能性があります。

詳しくはこちら

ダブルロックは、ビッグロックから100mほど離れたゴリ島の入り口に位置しています。ダイブサイトはよく似ています。水深5〜8mの間の小さな台地にある岩の前にアンカーをします。ダイブサイトはピナクルです。

詳しくはこちら

ビッグロックはゴリ島の入り口に位置しています。ボートに乗って20分ほどでダイビングポイントに到着します。島の前の浅瀬にアンカーを打ちます。ドロップオフが始まる場所を水面から見ることができます。

詳しくはこちら

このダイビングポイントは、ゴリ島の南側に位置しています。ピナクルで、35mまでの壁があり、とても簡単なダイビングポイントです。水深を選んでピナクルの周りを泳いで、ボートの下で安全停止をして、ウミウシを探しながら潜ることができます。

詳しくはこちら

おすすめコース

Marine Ecology

SSI マリンエコロジースペシャルティプログラムは、海洋生態学の刺激的な科学を発見し、水中ナチュラリストになるための最良の方法です。 新しい方法でダイビングを強化します。 今すぐSSI マリンエコロジースペシャルティ認定を受けましょう!                                                      

詳しくはこちら

Stress & Rescue

この重要なダイバーストレス&レスキュー・スペシャルティプログラムで、ストレスを特定方法、事故防止、レスキューダイバーのスキルを学びましょう。 あなた自身と他のダイバーが安全でいられるようご協力ください。さぁ今すぐはじめましょう!           

詳しくはこちら

Enriched Air Nitrox Level 2 (40%)

SSI エンリッチドエア・ナイトロックススペシャルティ認定プログラムを使って、ダイビング時間を延長し、水面休息時間を短く、お気に入りのダイブサイトの探索により多くの時間を費やしてください。                               

詳しくはこちら

ディプダイビング

より深い海中にはエキサイティングでアイコニックなダイブサイトがたくさんあります。 SSI ディープダイビングスペシャルティでは、安全に自信を持ってそこまであなたを導きます。 SSI で、深度18〜40メートルまでのダイビングを計画および実施する方法を学びましょう。

詳しくはこちら

オープンウォーターダイバー

SSIオープンウォーターダイバー認定は、世界的に認めらています。SSI認定ダイバーとして、生涯にわたる冒険を始めましょう。                                                                   

詳しくはこちら