Tavuniko Point

タブニコポイントは、リーフシャークが口やエラをクリーニングしている姿を見る機会を増やすために、壁や棚に沿って複数の大型クリーニングステーションが設置されているダイブサイトです。壁には多くのファンコーラルがあり、最大水深は底が約40m、上が約12mとなっています。

このサイトを訪れると、グレイリーフ、ブラックチップ、ホワイトチップリーフシャークに出くわすことができます。また、アオウミガメやホオウミガメを中心に、複数種のウミガメもよく見られます。

レベル

レベル

  • アドバンス
  • 初心者
透明度

透明度

  • 16 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 離岸流
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • 壁/ドロップオフ
  • ドリフトダイビング
  • マクロスポット
  • クリーニングステーション
  • カバーン//洞窟

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

No Man’s Land

大きなサンゴの構造物の間に「谷」がいくつもあり、山頂と谷に沿って多くのハードコーラルとソフトコーラルがあるサイト。サイトはあるポイントで壁に囲まれているため、壁の根元には深場の遠洋魚を見ることができます。

詳しくはこちら

Fantastic Wall

その名の通り、このウォールダイブはソフトコーラルが多く生息しています。このサイトは、私たちのエリアの中で最もカメを発見する確率が高いサイトです。それは多くのカーブと高低差があり、非常に多様性に富んでいます。ハイライトは壁そのものです。

詳しくはこちら

Elijah’s Reef

水深1~15mの大型水没ハードコーラルリーフで、平均視認性は15m、複数の洞窟、スイムスルーがあります。流れが少なく、リーフの壁も簡単なので、初心者の方でもリラックスして潜ることができます。

詳しくはこちら

ルートカナルは新しく発見されたサイトなので、まだ勉強中ですが、大きなピナクルで、最も浅いところでは23mmw、60mmw以上にうねりながら下がっています。強い流れの中で、外洋魚の大群やたくさんのサメなど、たくさんのアクションが見られます。このサイトについては、まだ多くの発見と学びがあります。

詳しくはこちら

河口に近いヌクラウブラパッセージのもう一つの美しい健康的なサイトです。6mswのピナクルのトップはイソギンチャクで大きく覆われており、30mswに向かって傾斜しており、リッジで結ばれています。このサイトは、2018年に伝説のスティーブ・ウィーバー氏によって命名されました。

詳しくはこちら

干潮時にトップが水面を割って、砂地の底に24mmwまで落ちていくウォールダイブです。壁には、ハードコーラル、ソフトコーラル、ウミウチワ、ムチヤギなどが生息しています。

詳しくはこちら

美しい浅瀬のリーフは、1mswから始まり、18mswまで下がり、健康なソフトコーラルとハードコーラルが生息しています。初心者ダイバーや、色や豊富なマクロ海洋生物を求める人に適しています。

詳しくはこちら

メインリーフの先端にある美しいピナクルは、2mswから始まり、24mswまで落ち込み、巨大なウミウチワ、ゴールデンイエローのソフトコーラル、豊富な魚類で彩られています。通常、このサイトは上げ潮の時に潜ります。

詳しくはこちら

Fisherman’s Rock

3mswから始まるこの場所は、ピナクルに住む、または訪れる様々な海洋生物のための美しい場所です。片側はメインのバリアリーフにつながっていて、もう片側は40msw以上の大きなドロップオフがあり、上部は色鮮やかなソフトコーラルで覆われています。このサイトはいつでも潜ることができます。

詳しくはこちら

このピナクルは、黄金色のソフトコーラルとたくさんの魚類で覆われており、通常は潮が満ちてくるときに潜ります。

詳しくはこちら