Embudu Channel

ここは、オグロメジロザメとホワイトチップシャークの生息地であることから、海洋保護区に指定されています。ダイビングは、チャネルの南側から始まり、30m付近の最後の「ステップ」の端まで沈んでいきます。

グレイリーフシャーク、ホワイトチップリーフシャーク、ナポレオンベラ、イーグルレイ、イソマグロ、レオパードシャーク、エイ、カメ(グリーン&ランプ、タイマイ)などが見られる。

レベル

レベル

  • アドバンス
透明度

透明度

  • 19 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 離岸流
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • 壁/ドロップオフ
  • ドリフトダイビング

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

エンブドゥ・エクスプレスは、時として5~6ノットにもなる潮流で有名です。ダイバーはまずチャネルの中央にあるエッジにまっすぐ降りて、25~30mのところで待ちます。サメやワシエイがどんどん近づいてきます。

詳しくはこちら

Embudu House Reef

初心者ダイバーから上級者ダイバーまで楽しめるサイトです。このハウスリーフは、岸から簡単にアクセスでき、海洋生物がたくさんいます。

詳しくはこちら

南マーレ環礁で最も人気のあるダイビングポイントの一つで、健康的なサンゴと驚くほどの魚たちが生息しています。ハードコーラル、ソフトコーラル、扇形の大きなオーバーハングの上には、色とりどりのハードコーラル、ソフトコーラルが見られます。壊れたブロックとコールドキャニオンとして知られているメインリーフの間の狭い通路を見逃さないでください。

詳しくはこちら

現地の言葉(ディベヒ語)では、ミヤルは「サメ」、ファルは「サンゴ礁」を意味します。サメの珊瑚礁ということで、ここで何が期待できるかは想像に難くありません。ホワイトチップシャーク、グレイリーフシャーク、ナースシャーク、レオパードシャーク、そして珍しいタイガーシャークやジンベイザメの目撃例もあります。

詳しくはこちら

モルディブ・ビクトリー号は、1981年にマーレシティ島と空港島のすぐ近くで沈没した貨物船です。全長80mのこの貨物船は、シンガポールからリゾートアイランドへの物資を運ぶ途中で沈没しました。

詳しくはこちら

この難破船のサイトに行くには、近くのリーフ「ギリ」から少し泳がなければなりません。この保存状態の良い沈船は1994年に沈んだもので、海の生物とチームを組んでいます。

詳しくはこちら

Kuda Giri (Wreck) / Potato Reef

クダギリは、ピナクルからショートスイムでアクセスできる、とてもきれいな古い沈船です。これはボートダイブで、たくさんの小さな洞窟やオーバーハングがある、非常に確立されたギリ(ピナクル)の隣に座っている、素晴らしい、小さな沈船です。

詳しくはこちら

水深2~3m、全長約200mのショアダイブで、砂地の底には海藻やサンゴのブロックがパッチ状にあり、モルディブ・パッション・コーラル・グロウイング・ファーム・プロジェクトの一環として行われています。

詳しくはこちら

ビキニビーチがオープンする前、マアフシからの観光客が "スケスケの服 "を着て遊んでいた近くの砂州にちなんで名付けられました。マクロやナイトダイブに適したダイブサイトで、健全なサンゴと魚類が生息しています。ウミガメ、モブラエイ、時折ホワイトチップリーフシャークも見られます。

詳しくはこちら

伝説のバナナリーフ!このリーフは大きく、バナナの形をしており、ケーブやオーバーハングがあります。リーフトップは3~8メートルで、そこから30メートル以上まで落ち込んでいます。

詳しくはこちら