Ran Thila

ラン・ティラは、北東側と東側に緩やかな傾斜があり、西側には5~20mの間にオーバーハングや洞窟が多く、ドロップオフしている水中ノウルです。懐中電灯の使用をお勧めします。

オーバーハングや洞窟にはカラフルなソフトコーラルがたくさん。ウミウシやフラットワームのようなマクロなものを見つけるにはとても良いダイビングポイントです。運が良ければフロッグフィッシュに出会えるかもしれません。

レベル

レベル

  • アドバンス
  • 初心者
透明度

透明度

  • 19 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • マクロスポット
  • 根、水中山

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

カルフティラは、環礁のちょうど真ん中に位置し、ソフトコーラルとオーバーハングがたくさんある小さなピナクルです。ピナクルは3mから始まり、28mまで下がります。

詳しくはこちら

ヴァッギリは全てのダイバー、特に小さな生物を見るのが好きな人、ロングダイブをするのが好きな人には最高のダイビングポイントです。このギリのフォーメーションは非常にユニークで、初めてのディープダイブに挑戦するには最適な場所です。

詳しくはこちら

環礁の内側に位置する小さなリーフで、西側にドロップオフがある。リーフは穴や張り出しが多く、海綿やブラックコーラルが見られます。トーチとカメラを持っていくことをお勧めします。

詳しくはこちら

this dive site is located on east side of dive point rannalhi, boat navigation time is 40min. its a very small round giri, you can swim around in one hour

詳しくはこちら

このダイビングポイントはロヒフシの水路にあり、底が15~25mの砂地になっています。50mの大きな砂地の水路の両側を潜ることができます。砂地では、たくさんのサンゴのブロックを見つけることができます。

詳しくはこちら

このダイブサイトは、3月下旬から11月初旬、時には12月中旬までマンタのクリーニングと餌付けゾーンとして知られています。ここは、この環礁のこの部分で、これらの巨大なエイと一緒にダイビングをするのに最適な場所の一つです。

詳しくはこちら

地元では、メンジュ・インギリは「中指」を意味します。賑やかで有名なグルイドゥコーナーから離れた、美しいリーフが広がる隠れた秘宝のようなダイブサイトです。栄養価の高い海流が流れているため、多様性に富んでいます。

詳しくはこちら

ドンマスギリは環礁の真ん中にある小さな丸いリーフです。南側の1~12mのドロップオフには、コンパクトなサンゴに覆われた小さなボミーがあり、そこにはたくさんのグラスフィッシュが隠れています。西側には美しいオーバーハングがあります。トーチを持ってのダイビングがお勧めです。

詳しくはこちら

Small round reef with a deeper thila attached to the north west side of the giri. The deeper thila has some big black corals with longnose hawkfish and a big scool of five line snappers. The west side offers a nice dropping slope with nice small overhangs. Torch recommended.

詳しくはこちら

ロースフシコーナーは環礁の内外に強い流れがある場合でも、中程度の流れがある場合でも、全く流れがない場合でもダイビングが可能です。そのため、ハードコーラル、ソフトコーラル、魚類が非常に豊富で、あらゆるレベルのダイバーに適したダイビングスポットです。

詳しくはこちら