Bahura

Bahura Kanto, one of the popular advanced sites in Anilao, is a must-go. It features a sloping reef with a tip/corner where current is usually strong. One must be familiar with managing currents and drift diving. On the other side of the corner, there is a small hole in the wall at 15m.

Schooling red-toothed triggerfish, moray eels, octopus, lionfish, frogfish, and many more can be found at this dive site.

レベル

レベル

  • アドバンス
透明度

透明度

  • 10 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 離岸流
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • ドリフトダイビング

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

Dari Laut (Wreck)

アニラオで唯一の本物の沈船ダイブと考えられています。それは、1970年代にこの地域で運営されていたフローティングリゾートになっていたバージだったオープン沈船です。

詳しくはこちら

Beatrice Rock

Situated at the back of Sombrero Island, this site is an underwater hill that has an abundance of vivid colors and schooling fish. Aside from the blue water ascent, divers may also experience the roaring current that it is known for, making this site a bit challenging.

詳しくはこちら

Twin Rocks

地元のダイバーの間で人気のあるこのサイトは、ここで発見された双子の岩にちなんで名付けられました。このサイトは、多くの生物や海洋生物を収容する素晴らしいリーフを提供しています。

詳しくはこちら

Cathedral

このダイブサイトには、フィリピンの元大統領フィデル・V・ラモスが設置した水中ランドマークの十字架があります。この十字架は、2つの大きな岩の間、約18mのところにあり、ソフトコーラルで飾られています。

詳しくはこちら

Mainit

For experienced adventurers, the current-swept reefs of this site form a triangle abundant in large fish, sea fans, and corals. Its unique geography makes it accessible all year round but can be challenging due to the strong currents, down currents, upwellings, and depth.

詳しくはこちら

Pier Uno House Reef

ピアウノ・ダイブリゾートの目の前のリーフにあるダイブサイトです。最初は砂地ですが、北東に行くにつれて、サンゴや岩が見えてきます。さらに北東に進むと、沈んだジープニーとその横にあるガードハウスがあります。

詳しくはこちら

アニラオボーホテルの目の前にあるハウスリーフは、いつでもマクロ生物を見つけることができる絶好のダイビングスポットです。ここにはたくさんのマクロが生息しているので、探すのに苦労することはありません。流れがないので、フォトダイバーが大好きなアニラオのベストサイトです。

詳しくはこちら

自然の岩と砂で構成されているダイブアンドトレック。アニラオ桟橋からの距離はわずか10分。初心者から上級者まで、すべてのダイバーがここでダイビングを楽しむことができます。このサイトでは、ほとんど流れがありません。

詳しくはこちら

リグポ島の沖合に位置するリグポ・ピナクルは、バウワン海洋保護区に保護されています。ほとんどのダイバーはアニラオ桟橋で行われているダイビングを利用しています。アニラオ桟橋からフィリピンの伝統的なボートで20分ほどの場所にあります。水深12~35mのウォールダイブに最適です。

詳しくはこちら

Manila Channel

Similar to the Batangas Channel but with a depth of around 26 meters. Remains of a shipwreck that caught fire and sunk hundreds of years ago can still be seen here. Also an ideal site for night diving

詳しくはこちら