The Big Blue, Atlantis Berlin, Indoor

水深3.5メートルの屋内プールで、初心者講習、トライダイビング、リフレッシュコース、ドライスーツ、BCD、レギュレーターの器材テストなどができるプラットフォームを内蔵しています。

動物はいませんが、高品質な撮影機材やフルフェイスマスク、再呼吸器のテストは大歓迎です。

保有プロ資格

保有プロ資格

  • 初心者
水域

水域

  • 人口
透明度

透明度

  • 8 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • プール / インドア

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

Pool Actionsport Tauchzentrale

ダイバーのために特別に設計されたプールです。ダイビングインストラクターの専門的な指導のもと、ダイビング、浅瀬でのトレーニング、再教育コースに最適です。

詳しくはこちら

FEZベルリン(ヴールハイデ)の屋内プールは、シュノーケリングや水泳だけでなく、屋内ダイビングにも理想的な条件を提供しています。長さ50m、最大水深4.20mの大きなプールで、水温は26℃と常に快適です。泳がないプールもご利用いただけます。

詳しくはこちら

Flughafen See

空港の北側にあるFlughafenは、人工的に作られた空港池です。採石池には、2つの大きな池があります。アクセスは東側のオーティス通りから。そこから森の中を500mほど歩くと湖にたどり着きます。

詳しくはこちら

Schlachtensee

シュラヒテンゼーはダイビングのトレーニングに理想的な場所です。ナイトダイビングや冬にはアイスダイビングにも最適です。

詳しくはこちら

美しい浅瀬のGroß Glienicker Seeは初心者のトレーニングに最適で、ナビゲーション、浮力コントロール、サーチ&リカバリーなどの専門的なこともできます。

詳しくはこちら

Groß Glienicker See

この湖は、かつて西ベルリンとドイツ民主共和国の間の自然の境界線を形成していたもので、良好な透明度、適度な水深、豊富な魚類など、レクリエーション・ダイビングに最適な条件を備えています。ダイブセンターは、ベルリン側の湖の南東岸にあるクラドウにあります。

詳しくはこちら

Moorloch

美しい浅瀬のGroß Glienicker Seeは、初心者のトレーニングに最適で、ナビゲーション、浮力コントロール、サーチ&リカバリーなどの専門的なこともできます。

詳しくはこちら

Groß Glienicker See, Action-Sport

ベルリンの南西に位置するGroß Glienicker See。この湖はかつて西ベルリンとドイツ民主共和国の間の自然の境界線を形成していました。レクリエーション・ダイビングに最適な条件は、良好な透明度、適度な水深、そしてたくさんの魚です。私たちのダイブセンターは、ベルリン側の湖の南東岸にあるクラドウにあります。

詳しくはこちら

ヴァンドリッツの真ん中にあるヴァンドリッツゼーでは、基本的にリドの左側に入り口が1つしかありません。ここは地元のサーフィンスクールのエリアでもあります。風が良ければ、OberseeやRuhlsdorfへと進むことができます。

詳しくはこちら

Straussee - Einstieg Tauchbasis

ダイバー、シュノーケラー、フリーダイバーに適したストラウスゼーは、ベルリンの北東部、ストラウスベルグの街に直接位置しています。大きな旅をせずにリラックスしてダイビングができます。湖には魚が多く生息しているので、カマス、スズキ、コイなどの数多くの魚に出会うことができます。

詳しくはこちら

おすすめコース

オープンウォーターダイバー

SSIオープンウォーターダイバー認定は、世界的に認めらています。SSI認定ダイバーとして、生涯にわたる冒険を始めましょう。                                                                   

詳しくはこちら

Photo & Video

SSI フォト&ビデオスペシャルティプログラムで、ダイビングのハイライトと素晴らしい海洋生物との出会いを捉えた水中写真の撮り方を学びましょう。 今日からオンラインで始めましょう。                                       

詳しくはこちら

Navigation

自分がどこに向かっているのかを常に把握した状態で、より優れた自信に満ちたダイバーになりましょう。 ダイブコンパスの使い方、ナチュラルナビゲーションテクニックなどを学びましょう。今日からSSI ナビゲーションスペシャルティに参加しよう!                                       

詳しくはこちら