Palau Iro Maru Wreck

Iro Maru in Palau is a very famous WWII wreck . The former Japanese freighter is about 150 m / 470ft long and lies a a depth of about 25 m/ 80ft. Nitrox strongly recommended.

Visibility can be between 10m/30ft up to 30 m/100ft . The Wreck is covered with big black corals and other beautiful corals. There is usually a lot of fish there as well.

レベル

レベル

  • アドバンス
  • 初心者
透明度

透明度

  • 13 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 流れなし

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

Jellyfish Lake - Ongeim’l Tketau

この湖のデリケートな生態系と、減少しつつある(刺さない)ゴールデンクラゲとムーンクラゲの個体数を維持するために、ここではシュノーケリングのみが許可されています。刺さないクラゲが湖の中で太陽を追いかけている、とても興味深い生態系です。

詳しくはこちら

German Channel

パラオの三大ダイビングポイントの一つであり、マンタと一緒に潜るためのTHEスポットでもある。ドイツ海峡は、1908年にドイツの植民地支配者によって完成された人工的な水路です。

詳しくはこちら

Blue Corner Palau

ブルーコーナーはパラオでナンバーワンのダイビングポイントと言われています。流れが強いので、リーフフックを使用することをお勧めします。信じられないほどの魚や珊瑚が見られます。流れが強い時が一番の見所です。アドレナリンが出ること間違いなし流れが速いので、上級者向けのダイビングです。

詳しくはこちら

島の最南端には、大小の生物が生息するリーフの中をダイバーが泳ぎ回る面白い地形があり、多様な生物を見ることができます。ヤップ洞窟円形劇場は、あらゆる深度でのマクロ撮影に最適な環境です。

詳しくはこちら

Magic Kingdom

Magic Kingdom is one of the richest environments along the southern walls. the topography is unique with a plateau of coral blommies to an infinite hard coral sloping wall. Rock overhangs and crevices harbor resting turtles, nice macro subjects and reef fish being cleaned.

詳しくはこちら

Cabbage Patch is named after a bank of brilliant yellow lettuce coral set in a sloping wall along the southern reef. divers can expect clear water, a variety of hard coral, schools of fish, sightings of eagle rays hanging in the current, reef sharks, anemones and macro life.

詳しくはこちら

ライオンフィッシュウォールのすぐ北側にあるこのエリアは、どこかカリブ海のダイブサイトを彷彿とさせる。砂地の台地にある約50フィート(15m)の水の中に座っているイーグルズネストと呼ばれる小さなサンゴのボミーは、時々数匹のイーグルエイがその周りをゆっくりと泳いでいます。(15m)の砂地の台地には、時々、その周りをゆっくりと泳ぐ数匹のイーグルエイが生息しています。

詳しくはこちら

Vertigo is home to our school of grey and black tip reef sharks. Located in the Philippine Sea off of the West coast of the island south of M’il Channel, a 25 to 35 minute boat ride. One of the best shark dives in the world.

詳しくはこちら

Batu Lima

インドネシア語で「五つの岩」を意味する名前のこのサイトは、多くのゲストがこのサイトに1つ以上の再訪を要求している、長年のお気に入りです。北東側に降下すると、約24mの最大深度にダウンします。

詳しくはこちら

Biodiversity House Reef

生物多様性ジェティの前のリーフは、バトゥリマに向かってずっと続いていて、2mから始まり、20mまで下がっています。リーフには多くの裂け目があり、生物が隠れる場所となっています。

詳しくはこちら