HMS Coriolanus (Wreck)

その位置と深さのために、HMSコリオラヌス号は、イストリア半島でダイビングをするために最も人気のある難破船の一つです。この驚くべき人工リーフは、海洋生物でいっぱいで、ほとんどの時間は熱帯でのダイビングの印象を与えています。ここでは、北アドリア海のほとんどすべてを見ることができます。

イワシの群れ、穴子、大きなロブスター、カサゴ、キンギョハナダイ、色とりどりのハナヒゲ、フラベリナスなどがここではよく見られます。運が良ければイーグルエイが現れることもあります。

保有プロ資格

保有プロ資格

  • アドバンス
透明度

透明度

  • 10 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 離岸流
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • レックダイブ

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

Stella Maris House Reef

このシャローなハウスリーフは、すべてのトレーニングダイブ、初めてのダイビング経験、そしてダイビングスキルをリフレッシュしたいダイバーに最適な場所です。水深は5mしかありませんが、特に夜は面白いダイビングができます。

詳しくはこちら

Tug boat Romital was cruising from Novigrad to Triest in the night of 20.12.1944. Near the cape of Savudrija it had problem with engine and a water flood. The crew was rescued, but Romital was attacked by 4 Beaufighter planes and went down to the bottom. Now its the most colorful wreck in Northern Istria.

詳しくはこちら

When a strong “bura“ blows, this is the only place we can dive. It is a shallow flat site with a lot of rocks forming some little canyons in between. Perfect for beginners or open water students. Even experienced divers can enjoy that dive looking for some interesting macro stuff

詳しくはこちら

この場所は外海の岩場の浅瀬で、第二次世界大戦中の掃海装置を見ることができます。機械式掃海器は、地元の漁師によってそこに投棄されました。これらは係留されている海軍機雷のアンカーケーブルを切断するための装置です。

詳しくはこちら

このダイビングサイトは、あなたを過去に連れてきてくれます。一般的なリーフフィッシュの群れの横では、ローマ時代の遺跡を見ることができます。ここで何が起こったのかを示す文書化された証拠はなく、このサイトはさらに神秘的な側面を与えています。

詳しくはこちら

ここの動植物はとても豊かです。まるで大きな水槽の中を泳いでいるようです。視界は普通に良好で、流れは弱いか穏やかです。10mから始まる小さな壁が垂直に15mまで続いています。初心者には最適なダイビングサイトです。

詳しくはこちら

水面から水深20mまで、クラックや穴、オーバーハングが多く、この地域では最大級の縦壁です。ほとんどの場合、視界が良く、流れも穏やかで、様々な海洋生物を楽しむことができます。地元のダイバーにも人気のダイビングポイントです。

詳しくはこちら

この場所は、UWのフォトグラファー、マクロ好きの方、または海洋生物がいっぱいの簡単なシャローダイブを楽しみたいダイバーにとってのパラダイスです。9月になると、アンバージャックの幼魚が大群を作り始め、岸に近づいてきます。彼らはとても好奇心旺盛で、彼らの間を泳ぐことは、すべてのダイバーが経験すべきことです。

詳しくはこちら

Kembala reef is submerged In Front of beautiful private villa and nearby luxury Skipper resort. It is the last dive spot along Croatian coast deep in the bay of Piran, our dive center is going to. It starts at 5m and goes down to 11m as a gentle slope, where a sandy bottom meets the rocks. There is a small wreck

詳しくはこちら

Red Island House Reef

このダイブサイトは、黄色、茶色、濃い赤、黒のスポンジで覆われた、小さなボルダーを持つ巨大な石のフィールドで構成されています。中の小さなハングオーバーは、冷たい水のサンゴに覆われています。反対側にはまだまだ発見があり、まろやかなドリフトダイブが可能です。

詳しくはこちら

おすすめコース

Night Diving and Limited Visibility

太陽が沈んでもダイビングは終わりません! ナイトダイバーになって、夜しか顔を出さない素晴らしい海洋生物を観察しましょう。 SSI ナイトダイビング&視界不良スペシャルティプログラムに参加しましょう。                                

詳しくはこちら

Navigation

自分がどこに向かっているのかを常に把握した状態で、より優れた自信に満ちたダイバーになりましょう。 ダイブコンパスの使い方、ナチュラルナビゲーションテクニックなどを学びましょう。今日からSSI ナビゲーションスペシャルティに参加しよう!                                       

詳しくはこちら

ディプダイビング

より深い海中にはエキサイティングでアイコニックなダイブサイトがたくさんあります。 SSI ディープダイビングスペシャルティでは、安全に自信を持ってそこまであなたを導きます。 SSI で、深度18〜40メートルまでのダイビングを計画および実施する方法を学びましょう。

詳しくはこちら

Manta And Ray Ecology

マンタやその他のエイを目的とするダイビングは、最高のダイビング体験の1つです。 SSI マンタ&レイエコロジースペシャルティプログラムで、エイと安全に交流し、さまざまな種を識別する方法を学びましょう。                         

詳しくはこちら

Fish Identification

SSI フィッシュID スペシャルティプログラムで魚の識別方法を学びましょう。カリブ海、インド太平洋、紅海のサンゴ礁の魚の一般的な家族を特定し、SSI フィッシュID・スペシャルティ資格を取得するために必要なすべてのことを学んでください。       

詳しくはこちら