南東スラウェシでのダイビング

インドネシアのスラウェシ島の南東部は、世界で最も壮観なダイビングの本拠地です。ここで見られる海洋生物の多様性は、その水の透明度と同じくらい驚くべきものです。この地域を構成する143の島のうち、7島にしか人は住んでいません。絵画のように白い砂浜とカラフルなサンゴ礁に覆われた真の熱帯の楽園であるスラウェシは、手付かずの自然のままの人里離れた場所です。ここにあるダイブサイトは、すべてのスクーバダイバーが夢見る場所のひとつです。南東スラウェシの最も有名なエリアはワカトビで、現在は地区全体をカバーする国立公園があり、900,000ヘクタールのサンゴ礁があり、すべてが生命と調和しています。実際、ワカトビは地球上で最も多くのサンゴ礁と魚種を持っていると認識されています。巨大なピナクルや壮大なレッジ、オーバーハングなどの美しい背景と信じられないほどの多様性をもつ海洋生物たちとの撮影チャンスを求め、著名な水中写真家たちは毎年ここを旅しています。 10月が最も暖かい水温となりますが、常に29〜33℃の範囲です。多くのダイバーは、気温が最も低い7月と8月にここを旅行することを選択します。何度訪れても、南東スラウェシでのダイビングは一生に一度の思い出深いダイビング旅行になるはずです!                                                     

南東スラウェシで訪れるべきダイブサイト

南東スラウェシのおすすめスポット

南東スラウェシで遭遇チャンスのある海洋生物

南東スラウェシ島は、世界で最も生物多様性のある海域ではないとしても、スクーバダイバーがまるで水族館の水槽のような状態でダイビングする機会を最高レベルで提供してくれる数少ないエリアのひとつです。 実際、ワカトビには900種類以上の魚と750種類のサンゴが生息しています。 この組み合わせは、1つのカラフルでアクティブなリーフを演出してくれます! 信じられないほどの生物多様性に加えて、写真家は驚くべきマクロライフを求めて毎年ここに集まります。 ピグミータツノオトシゴ、ゴーストパイプフィッシュ、リボンウナギ、ザリガニ、ネオン色のウミウシをよく見てください。 南東スラウェシは大型の海洋生物との出会いで有名ではありませんが、まるで教材のようにバラクーダ、ブラックチップ、ホワイトチップ、およびアオウミガメ、ワシ、カメのウミガメがたくさんいます。