ダイビングマフィア島

タンザニアの海岸線は巨大なサンゴ礁に守られており、マフィア島群島はその一部を形成しています。一般的にはザンジバル諸島のペンバ島やウンジャ島と一緒にスパイス諸島としてグループ化されていますが、その関係や共通点はそこで終わります。マフィア諸島はいくつかの小さな島で構成されていますが、1つの大きな島、クロエ・シャンバがマフィア島と考えられている主要な島です。 マフィア島は、そのユニークな生態系から、世界自然保護基金の支援を受けて海洋公園となっています。ここのダイビングスポットのほとんどは、30メートル(98フィート)よりも深くはなく、ルフィジ川のデルタの影響のおかげで、巨大な海洋動物やサンゴ礁の魚たちが一堂に会して、非常に多様な海洋生物を提供することを約束します。 ここは潮の流れが強いので、その点を考慮してダイビングを計画する必要があり、4月から5月などの時期はコンディションによってはダイビングができないこともあります。ジンベエザメを見るチャンスがあれば、11月から3月の間に訪れることをお勧めします。

マフィア島のダイビングスポット

マフィア島のおすすめスポット

マフィア島での野生動物との出会い

マフィア島周辺の海には、60種の魚と52種のハードコーラルが生息しています。そのため、水中生物はこの地域全体の中で最も興味深く多様性に富んでいます。エビ、ブルーリングオクトパス、ウミウシ、ブリオゾウ、フェザースター、サンゴガニ、ヒラムシなど、クロエベイエリアに生息する多くの興味深い無脊椎動物が生息しています。また、カエルウオ、アネモネフィッシュ、パロットフィッシュ、バタフライフィッシュ、エンゼルフィッシュなどの素晴らしい魚もたくさんいます。イルカやサメ、クジラも時期やエリアによっては見ることができます。