リマでのダイビング

リマはペルーの政治と商業の中心都市で、太平洋に面しています。南米有数の大都市でありながら、車で30〜45分の距離にある沖合のダイビングスポットに行けば、すぐに都会の喧騒を忘れることができる。ほとんどのダイビングツアーは週末にしか開催されませんが、リマのダイブセンターの中には、平日にボートツアーを開催しているところもあります。ほとんどのボートは午前中に出発しますが、日没時に出発するナイトダイブを予約できる場合もあります。 ペルーでのダイビングは気温が低めで、水温は平均して10~20℃程度です。ペルーのダイビングセンターでは、フードとグローブ付きのセミドライスーツやドライスーツなど、厚手のウェットスーツの使用を推奨しています。 サンタマリアとプクサナの美しいビーチの間には、素晴らしいペルーのダイビングスポットがあります。鬱蒼としたケルプの森に囲まれた最高のダイビングスポットには、たくさんの海洋生物が生息しています。プクサナ付近のダイビングでは、100フィートのウォールダイブが楽しめ、リマの北西に位置するチンチャ諸島では、エキサイティングな沈船ダイビングが楽しめます。パロミノ島では、アシカの大群との触れ合いを求めて、各地からダイバーやシュノーケラーが集まります。リマのどこで潜っても、冒険になること間違いなしです。

リマで訪れたいダイビングスポット

リマのお勧めスポット

Pucusana

リマから南に31マイルのところにあるプクサナ湾に面した小さな漁村で、ペルーでも有数のダイビングスポットとなっている。

詳しくはこちら

サンタ・マリア・デル・マル

サンタ・マリア・デル・マルは人気のあるビーチで、ケルプの森や興味深い岩の形、様々な海洋生物が生息する素晴らしいダイビングスポットでもあります。

詳しくはこちら

リマでの野生動物との出会い

栄養豊富なフンボルト海流のおかげで、ペルーの海洋生物の生物多様性は驚くべきものがあります。リマでのスキューバダイビングでは、ケルプの森の魔法を体験することができます。マクロ好きのダイバーは、ペルーで見られる1400種以上の軟体動物のうち、ケルプの「木」を調べることができます。ペルーの最高のダイビングスポットでは、イソギンチャク、ヒラメ、大型のアカエイ、カニなどの魚類がたくさん生息しています。幸運なダイバーは、とらえどころのないパシフィックタツノオトシゴを見つけることができ、いくつかのダイビングサイトでは、遊び好きなアシカとの交流が保証されています。