ジャルディネス・デ・ラ・レイナでのダイビング

ジャルディネス・デ・ラ・レイナがカリブ海のガラパゴスと呼ばれている理由は、その壮大な生物多様性にあります。ジャルディネス・デ・ラ・レイナは、世界で最も美しい自然の生態系の一つです。このエリアはキューバ政府によって積極的に保護されており、国立公園として認可され、年間300人のダイバーしか訪れることができません。世界で3番目に長いバリアリーフはこの群島にあり、150マイルに及ぶマングローブとサンゴが混在し、驚くほどの生物多様性で構成されています。マングローブは、多くの異なる魚種の苗床となっています。

ジャルディネス・デ・ラ・レイナで訪れるべきダイビングポイント

ジャルディネス・デ・ラ・レイナでの野生動物との出会い