アゾレス島でのダイビング

アゾレス諸島はオリエンタル、セントラル、オクシデンタルの3つのグループに分かれています。サン・ミゲルでのダイビングは、簡単にアクセスできる様々なダイビングスポットを提供しています。サン・ミゲルでのダイビングのハイライトは、オーバーロード作戦に参加した第二次世界大戦中の有名な船、ドーリの難破船で、水面下わずか20メートルに位置しています。また、ルレンソスやサブリナの沿岸のサンゴ礁では、大型の遠洋魚の群れや、デビルエイの群れがよく目撃されています。中央の島のため、ダイバーは7月から10月にかけて、世界最高のマンタダイビングを求めてここに集まってきます。ピコ島の沖合50マイルには、アゾレス諸島でも最高のダイビングスポットの一つであるプリンセスアリスバンクがあり、ここでは、ダイバーが深海のピナクルの上に舞い上がることができます。テルセイラ島やグラシオーサ島では、テルセイレンセ、リダドール、アンカー墓場の沈船など、素晴らしい沈船ダイビングをお見逃しなく。オクシデンタルグループは、最もダイビング施設が少ないですが、それでも回遊するクジラの槍、交尾するモブラやマンタを引き付けています。オクシデンタルグループの最高のダイビングスポットは、ガメラ、バクシア・ド・ブラコ、カネイロ・ドス・メロスが含まれています。

アゾレスで訪問するダイビングサイト

アゾレスでおすすめの場所

アゾレスの野生動物との出会い

アゾレス諸島でのダイビングのベストシーズンは、春の終わりから夏の4月から10月までの間で、海が暖かくなり、海洋生物が最高潮に達する時期です。この時期、ダイバーは巨大なシロナガスクジラから小型のミンククジラまで、この海域を回遊する20種類のクジラのいずれかに遭遇することができます。サンタマリア沖にはジンベイザメが頻繁に出現します。マッコウクジラ、コモン・イルカ、ボトルノーズ・イルカ、モブラ・エイ、数種類のサメを一年中見つけることができ、アゾレス諸島でのスキューバダイビングは一年を通して素晴らしいものとなります。