シベリア連邦管区でのダイビング

シベリアは、ロシアの国土の25%を占め、北アジアの大部分を占めています。低地の西シベリア、高地の東シベリア、山岳地帯の南シベリアの3つの地域で構成されています。信じられないかもしれませんが、この氷のようなツンドラの中で、シベリアではスキューバダイビングをする機会がたくさんあります。しかし、この地でダイビングをするには、アイスダイビングやドライスーツの使用経験が必要となる。 シベリアで最も人気のあるダイビングスポットは、バイカル湖です。バイカル湖は、世界で最も古く、最も深い湖で、地球上の淡水の19%を含み、「シベリアの真珠」と呼ばれています。バイカル湖でのダイビングは、通常アイスダイビングで行われ、通常40メートルの透明度を誇ります。 バイカル湖でのダイビングでは、他では見られない水中世界を体験できます。岩場には緑色のスポンジがびっしりと敷き詰められており、そこにはユニークな形をした固有の甲殻類であるアカザエビやウシノシタ、グレの群れなどが生息しています。幸運なダイバーは、固有種のバイカルアザラシ(ネルパ)に出会うことができます。この愛らしい小さなアザラシは、淡水に生息する唯一の鰭脚類であり、ロシアでの思い出に残るダイビングを体験することができます。

シベリア連邦管区で訪れたいダイビングスポット

シベリア連邦管区のお勧めスポット

シベリア連邦管区での野生動物との出会い

シベリアの透き通った冷たい水には、トラウト、スターレット、パーチ、ブリーム、テンチ、パイク、パイクパーチ、イデ、レノーク、バーボット、フナなど多くの淡水魚が生息しています。世界で最も大きく、最も深く、最も古い湖であるバイカル湖には、ユニークな野生動物が生息しており、水中での素晴らしい出会いを楽しむことができます。バイカル湖には2630種の動植物が生息しており、そのうち2/3は固有種です。魚類では、バイカル・オムル、グレイリング、ホワイトフィッシュ、バイカル・チョウザメ、タイメン、ゴロムニャンカなどが有名です。シベリアでのダイビングで最も人気があるのは、バイカルアザラシでしょう。淡水に生息する唯一の鰭脚類であるこの固有種のアザラシは、バイカル湖畔で何百頭も日光浴をしています。