九州でのダイビング

四方を海に囲まれた九州は、暖かな対馬海流が流れる玄界灘から南の鹿児島まで、多くのダイビングチャンスがあります。九州は面積が広いため、場所によって特徴が大きく異なります。五島列島は対馬海流の暖かい海のため、熱帯魚やハードコーラル、カラフルなソフトコーラルなどが多く生息しています。大型の回遊魚に遭遇したり、全長100mの有名な難破船を潜ることができる人気のダイビングスポットです。 博多市から数分のところに位置する北部地域には、鹿島などの島々が点在しており、ダイバーやシュノーケリング愛好家、大都会から逃避したい人たちが、特に夏には暖かい海と静かなビーチを求めて訪れます。壱岐島はフェリーで1時間強で行けるダイビングスポットで、ビーチエントリーとボートダイビングの両方が楽しめます。 九州での追加ダイビングは、本土から約60km離れた世界遺産の沖ノ島にあります。抜群の視界と暖かい水温、豊富な魚の生態が自慢です。ただし、公共交通機関はなく、ダイブボートで2時間ほどかかります。

九州のダイビングスポット

九州のおすすめスポット

沖縄のダイビングやシュノーケリングでは、熱帯魚が生息する生き生きとしたサンゴ礁の水中楽園を垣間見ることができます。

詳しくはこちら

南九州

薩南諸島は鹿児島の南から沖縄まで点在しており、日本でも有数のダイビングスポットとなっています。

詳しくはこちら

九州の野生動物との出会い

九州のダイビングには、驚くべき海洋生物がたくさんいます。ゴビー、タツノオトシゴ、カブトガニ、そして様々な種類のナメクジがビーチダイビングでよく見られます。ウミガメはこれらのビーチのいくつかに産卵し、水中でも見られます。サメやエイは冬から春にかけてよく発生し、夏にはイカの産卵行動がいたるところで見られます。秋になると多くの熱帯魚が現れ、水中ではとても賑やかになります。 沖合や離島付近では、キンギョハナダイやアジの大群が見られ、キンギョハナダイなどの大型回遊魚が捕食しています。