このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

East Chute

スイムスルーと小さな沈船がある美しい壁のダイビングポイント。イーストシュートのウォールのトップは45~50フィートで、砂地が壁まで続いている。沈船Cayman Marinerは約55ftの砂地にあり、多くのマクロ生物が生息している。

詳しくはこちら

Lobster Pot

ケイマンブラックの北西端にある浅瀬のダイブサイト。傾斜したミニウォールは水深10mから始まり、水深16mから20mで砂地と出会う。

詳しくはこちら

Middle Chute

リーフの壁とドロップオフにつながる砂地のチャネルがいくつもある。リーフのトップは平均50フィート。多くのクリーニングステーションとバレルスポンジが見られる。

詳しくはこちら

West Chute

北側のダイブサイトで、約50フィートから始まる壁のドロップオフがある。サンドシュートが壁のドロップオフまで続いている。サンゴの大きなピナクルが、リーフウォールの2つのエッジの間に立っている。

詳しくはこちら

MV Captain Keith Tibbetts (Wreck)

この壮大な難破船はケイマン・ブラックの北西側にありますが、リトル・ケイマンからもボートでアクセスできます。この全長330フィートのコニII級フリゲートは、1984年にソ連によってキューバ海軍のために建造されました。ケイマン諸島が購入し、1996年に人工リーフとダイビングサイトとして沈没しました。

詳しくはこちら

Buccaneer Reef

ブッカニーズリーフは、ケイマン・ブラックの西端に位置し、簡単にエントリーできるショアダイブです。このリーフは、初心者の方にもシュノーケリングをする方にもお勧めです。リーフにはたくさんの生物が生息しています。

詳しくはこちら

Turtle Alley

深度55~65フィート下、銀色の砂地とサンゴのパッチに挟まれた30フィートから始まるカラフルなミニウォール。

詳しくはこちら

Double Wall

ダブルウォールは、ケイマンブラックのノースウエストエンドにある最初のウォールダイブサイトだ。樽のようなスポンジとカラフルなサンゴに囲まれ、様々な種類の魚やカメが群れている。

詳しくはこちら

Fisheries

ケイマン・ブラックの北側で最も西に位置するダイブサイト。係留ピンからミニウォールに沿って進み、2つの砂地のシュートを過ぎると、大きな柱サンゴにたどり着く。珊瑚のトップは約30ft/9m、リーフフロアは50ft/15mである。

詳しくはこちら

Lighthouse Reef - Cayman Brac

ウエストエンドのドックに近いダイブ。リーフのトップは約20ft、砂地は約45-50ft。外側のリーフがある。インナーリーフは複数のスイミングスルーで構成されている。

詳しくはこちら