このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

Val Bomber (Wreck)

このサイトは水深25~100フィートのアプラ港にあります。日本のバル・ボンバーは、傾斜したリーフの側面を背にして85フィートの水深に鎮座しています。また、同じダイビングで探検できる浅いエリアには多数のバージがあります。この沈船は1944年7月のグアム解放の間に沈んだ。

詳しくはこちら

American Tanker (Wreck)

アメリカンタンカーは、第二次世界大戦中にアメリカからグアムへ燃料を輸送するために使用されていた大型コンクリート製のはしけです。グアムに運ばれた5隻のバージのうちの1隻で、他のバージの遺構は防波堤に沿って見ることができます。すべてのダイバーのレベルの方にお勧めのボートダイブです。

詳しくはこちら

Blue & White

グラスブレイクウォーターの外側にある非常にクリアなドロップオフ。上部のリーフフラットは水深30フィートから始まり、激しいドロップオフがある。ボートでのみアクセス可能で、常に強い潮流の可能性がある。写真家はこのサイトを広角とマクロ写真のために愛しています。

詳しくはこちら

Harley Reef

ハーレーリーフは、すべてのダイバーに楽しんでいただけるような、簡単で素敵なダイビングサイトです。ハーレーは、アプラ港の防波堤に沿った水深15フィートの場所にあります。15フィートから始まり、110フィートまで傾斜したリーフがあり、全てのレベルの方にお勧めのダイビングポイントです。近くにはヴァルボンバーとバージリーフもあります。

詳しくはこちら

Seabee Junkyard

このダイブサイトはアプラ港にあり、水深35フィートから140フィートの範囲にあります。このサイトは防波堤に沿った台地で構成されており、シービーが防波堤の建設を終えた時に残されたブルドーザーやその他の建設機械がたくさんあります。

詳しくはこちら

Hidden Reef

アプラ港の入り口付近に位置し、普段ダイバーが訪れることのない美しいリーフで、ボートでしかアクセスできません。緩やかに傾斜した壁を持つ原始的なサンゴの多種多様なサンゴ礁が120フィートまで続いています。視界は通常40-90フィートです。

詳しくはこちら

RMS Scotia (Wreck)

かつて西回りで最速の大西洋横断航海船であったRMSスコシア号は、イギリスの旅客定期船でした。キュナードラインによって運営されていたそれは、1879年にツインスクリューケーブル層に変換された外航パドル蒸気船でした。

詳しくはこちら

Ron’s Reef

通常はドリフトダイブとして行われ、スコシアまたはファーストビーチからスタートする。その後、ダイバーは港から西に向かう。このサイトはボートでしかアクセスできない。頭上を通過するボートに注意してください。透明度の高い水と多種多様な魚がここで見られます。

詳しくはこちら

Scuba Beach

スキューバビーチには、様々な種類のサンゴといくつかの砂地があり、ダイバーのトレーニングに最適な場所となっています。エントリーはボートか、人工の海岸線に作られた階段を使って行います。水深はスタンディングデプスから100フィート以上まで。

詳しくはこちら

Kitsugawa Maru (Wreck)

キットは1944年7月に沈没した日本の貨物船です。それは水深140フィートのアプラ港の底に正座しています。大きな艦首砲はまだ無傷です。船の甲板は水深115フィートで、マストは水面から約50フィートに達しています。

詳しくはこちら