このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

Relitto Colosso

最大深度39mの大きな沈船。沈船は帆を張った状態で、ネットもない。とても開放的で比較的簡単な2つの素敵な通路がある。宿泊施設とキッチンがある。

詳しくはこちら

Marcella

沈没して水面に垂直に埋め込まれたという点で、ユニークな沈没船である。深度43メートルまで潜降すると、船首と2つの美しいアンカーに出会う。

詳しくはこちら

Saint Nazaire

別名モネリア蒸気船。沈没船は視界が悪いので必ずしも容易ではないが、視界が良ければ実に美しい。潜降するとすぐに、2つの壮大なビギに遭遇する。

詳しくはこちら

Punta Manara

美しいダイビングだ。海岸は-20m、-35m、-45mのレベルに自然の段丘を作りながら潜降し、全体が赤いゴルゴニアで覆われている。

詳しくはこちら

Ciappa del Lupo

講習やトレーニングに最適なダイビングスポット。岩と砂の混じった底にポジドニアがある。ゆっくりと劣化している。魚やサルパが潜んでいる。非常に美しく魅惑的な夜光虫。

詳しくはこちら

KT Eros UJ-2216

美しいレックダイビング(沈船)。沈船は踏み固められていて、20分ほどで回れるが、内側はやらない。特許を持っていれば侵入できるし、かなり簡単で網もない。

詳しくはこちら

MV Equa (Wreck)

Equa's Wreckはボートで約25分です。エクアの難破船は、海岸から2マイル離れたリオマッジョーレの前にあります。

詳しくはこちら

Bettolina

帆走状態の沈没船である。海底は平らな砂地で、水深は約30mである。1943年沈没。通常、流れはないか軽い。夏季は視界良好。

詳しくはこちら

Cargo Armato

カルゴ・アルマートと誤って呼ばれたこの難破船は、実際には1926年にフランスで建造された元外洋漁船だった。水深26メートルから36メートルの深度下にある。長さ64メートル、幅10メートル、高さ6メートル。1942年、マルセイユでドイツ軍に徴用され、潜水艦駆逐艦に改造された。

詳しくはこちら

Lama Crexia

このダイビングサイトは、チンクエ・テッレ国立公園のBゾーン内にあります。このサイトは、初心者や経験の少ないダイバーに最適です。

詳しくはこちら