このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

Nabaibai Passage

2つの大きなサンゴ礁の間に隠れているこのケーブダイブは、未知の世界へのエキサイティングな冒険です。松明で道を照らしながら、中に隠れている生物を見たり、簡単でありながら爽快なダイビングを楽しむことができます。

詳しくはこちら

Barracuda Drift

ダイブセンターから13分のところに、最もエキサイティングなドリフトダイブがあります。オープンウォーターの方でも上級者の方でも、安定した流れに乗って、サンゴに覆われたリーフに沿って浮遊感を楽しむことができ、簡単な作業です。最大水深は約30mです。

詳しくはこちら

Sand Patch

ショアからボートで5分、サンゴ礁の隙間に挟まれた小さな「サンドパッチ」です。水深18mに位置し、12mと18mの係留ラインの下にはロープが設置されているので、ダイバーはそこにつかまってサメの餌付けを見ることができます。また、周辺のリーフには様々な生物が生息しています。

詳しくはこちら

The Wall

ボートで2分もかからないこのウォールダイブは、片側が急な壁、もう片側がボミーで構成されています。洞窟やスイムスルーもあり、見どころ満載です。

詳しくはこちら

Lionfish Reef

ビーチからすぐのこのダイブポイントは、美しい地形と浅い砂地があり、講習に最適です。流れがほとんどないのも、ここでのダイビングの楽しみのひとつです。

詳しくはこちら

Turtle Wall

ビーチから数百メートルのところにあるこのリーフでは、初級者向けの簡単なダイビングを楽しむことができます。浅いボミーがあり、リーフの割れ目を探検するのも面白いです。

詳しくはこちら

The Aisle

ボートで5分ほど行くと、この美しいウォールダイブがあります。スカートリーフをぐるりと囲む「アイル」は、とても深いところから始まり、角を曲がってラグーンに潜るにつれて、ゆっくりと浅くなっていきます。

詳しくはこちら

Pinnacle

メインリーフから少し離れた場所にあるディープダイビングです。まるでディープブルーに飛び込んだかのようなこのダイブサイトは、水深15mから始まり、サンゴのピナクル1つで水深35mまで潜ることができます。

詳しくはこちら

Golden Reef

ヤヌサ島の南側のリーフウォールには、ゴールデンリーフがあります。リーフの端にあるこの緩やかなドロップオフには、さまざまな種類のサンゴや魚が生息しています。海岸からボートで10分ほどの距離にあり、アクセスも簡単です。浅いところからスタートして、ゆっくりと35mほどの深さまで落ちていきます。

詳しくはこちら

Scott’s Reef

スコット・リーフへは、ボートで15分ほどで簡単にアクセスできます。エントリーしてすぐは、とても険しい壁のように見えますが、どちらかの方向に2分ほど泳ぐと、リーフの割れ目や角が見えてきます。最初は浅いですが、最大水深は39mまで下がります。

詳しくはこちら