このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

legraina fish farm

養殖場の隣にある、とても面白いショアダイブ。中程度の透明度、時々中程度の強い流れ、深度下は45mまで。周囲に鋭い岩があるため、エントリーもエキジットもトリッキーである。

詳しくはこちら

Kyra Leni (Wreck)

島の南部に位置しているKyra Leniの有名な難破船。船は島に面しています。船首の位置は12メートルで、沈船の最深部は39メートルである。

詳しくはこちら

Oria

SSオリアは、1944年2月12日に沈没したノルウェーの蒸気船で、イタリア人捕虜4,095人、ギリシャ人21人、ドイツ人15人の犠牲者を出した。歴史上最悪の海難事故のひとつであり、地中海における1隻の船の沈没による海難事故としては最悪であった。

詳しくはこちら

Katafygi Cove

浅く保護された小さな湾は、トレーニングや入門ダイブに理想的だ。北風から守られている。流れがない。ほとんど常に視界良好。最大深度18メートル。

詳しくはこちら

Arsida Walll

7mからスタートし、55m以上で終了する素晴らしいウォールダイブ。視界が良く、北風から守られています。海洋生物もここでは興味をそそられます。

詳しくはこちら

Arsida Canyon

サロニコス湾で最も興味深いダイビングスポットの一つ。認定ダイバーの全てのレベルの方にお勧めのダイビングスポットです。視認性は抜群で、水深は50m以上に達します。

詳しくはこちら

North wall of Artzentas

アルシダ島の北部にある緩斜面。主な見どころは、水深30から水面まで点在する陶器である。すべての認定レベルのダイバーが楽しめる。

詳しくはこちら

Pothitos

ポチトス島は、初心者からエキスパートまで、3~4種類の異なるレベルのダイビングができることで有名です。海洋生物が豊富で、視認性も抜群です。水深は3~50mで、岩の中には小さな驚きが隠されています。

詳しくはこちら

Pothitos Reef (xera)

岸に近いリーフだが、ボートでしか行けない。深度3mから始まり、40m以上潜る。素晴らしいウォールフォーメーションで、通常流れはないが、軽い流れに遭遇することもある。透明度が高い。

詳しくはこちら

Macronisos Canyon

5メートルから始まり、27メートルで終わる峡谷だ。そして南西(出口を出て右)に向きを変えると、45メートルまで続く印象的な垂直の壁がある。

詳しくはこちら