このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

The Strip

40フィート(12m)の水深にある小さなサンゴの帯。夜にはウツボやフエダイ、ウツボ、ウミガメの巨大な群れが見られ、すべての経験レベルに対応できる。

詳しくはこちら

Lewda

別名キンクス、白砂の上の目立たないサンゴ、45-50フィート。古いアンカーが複数あり、大きなコンクリートキューブで囲まれている。流れがあり、あまり保護されていない。かつてラーナー海洋研究所が魚類の音響研究を行った場所で、今でもケーブルがリーフを横切っているのが見える。

詳しくはこちら

Turtle Rocks - Bahamas

オーバーハンドが多く、小さなものから大きなハードコーラルの頭が散在しています。マクロ生物が多く、日中はフラッシュライトでゆっくりと潜るのに適しています。

詳しくはこちら

SS Sapona (Wreck)

1900年代初頭に座礁したコンクリート船で、かつてはラム酒の運搬船、現在は米空軍の練習用標的、現在はワイルドな歴史を持つ賑やかな人工リーフとなっています。浅く(15フィート)、潮の流れや予測できない水温の影響を受けやすいので、干潮時や満ち潮時に潜るのがベストです。

詳しくはこちら

Krispy Kreme

ガルフストリームの端にあるドラマチックな壁、65フィート(19m)から始まるスパーと溝の形成。このサイトは流れに流されやすく、ドリフトダイブとして行われることが多い。

詳しくはこちら

Sponge Gardens

45' (13m)から始まり、90' (27m)でボトムアウトする傾斜リーフ。スイムスルーとチャネルのあるスパーとグルーブの形成。ガルフストリームの端にあるので、流れの影響を受けやすい。

詳しくはこちら

Blue Chromis - Bahamas

35-70' (10-21m)の傾斜リーフには、ロブスター、ウツボ、珍しいブレニウスズメダイなどが隠れているスイムスルーやオーバーハングがたくさんあります。流れの影響を受けやすいので、ドリフトダイブで潜ることが多い。

詳しくはこちら

Hesperus (Wreck)

ヘスペラスは、海草に囲まれた土手にある小さな沈船である。浅い(20' / 7m)、視界は少し濁っていて緑が多いが、アカウミガメの大群がそれを補っている。

詳しくはこちら

Bull Run

かつてはライブボードのサメの餌付け場であったが、今でも3~8匹のカリビアンリーフシャークのメスが常連である。35~60フィート(10~18m)の白い砂地と藻場に、大きなサンゴが点在している。サンゴは洞窟や迷路のような通路を形成しており、ダイバーはそこを泳いで通り抜けることができる。

詳しくはこちら

777

白い砂地の上の60フィート(18m)の水の中に、大きく散らばった目立つヘッド。数多くのスイムスルーと健全なサメの個体数。コーラルプロファイルは15~25フィート(5~8m)。

詳しくはこちら